中居正広、個人事務所「のんびりなかい」名義で医療機関支援行っていた ファンにも協力と感謝の輪広がる

写真拡大

【モデルプレス=2020/05/30】中居正広が代表取締役社長を務める個人事務所「のんびりなかい」が、公益社団法人 東京都医師会に支援物資を送っていたことが明らかになった。

【写真】中居正広がついた“嘘” 記者が唸ったSMAP愛に溢れた瞬間

東京都医師会は29日、公式サイトにて新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、企業・団体や個人から寄せられた支援への感謝のコメントを寄せ、支援企業・団体一覧を公表。これによると、「株式会社のんびりなかい」は食品を支援したとされている。

◆「ファンとして誇らしい」さらに広がる感謝と協力の輪


これまで、自身が出演する「中居正広のニュースな会」(毎週土曜ひる12時〜テレビ朝日系)では、多くの新型コロナウイルスに関する情報を伝え、他番組でも医療関係者への思いを語っていた中居。「中居正広のニュースな会」では、4月1日に独立したものの「独立したらこんなに仕事がなくなると思わないでしょ…マジでやべぇと思ってる」「辞めなきゃ良かった」と新型コロナウイルスの影響を受けていることも告白していた。

今回の寄付が公になると、SNSでは「中居くん素晴らしい」「こうやってのんびりなかいの名前が見られるなんて、ファンとして誇らしい」「会社軌道に乗れてないって言ってたのに、こんなこと出来ちゃうのは流石だな…」となどの声が上がっており、「これを機に私も出来ることをします」「並んでる名前はしっかり覚えておきます、ありがとうございます!」とさらなる感謝と協力の輪を広げている。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】