2回1失点だった菅野(C)日刊ゲンダイ

写真拡大 (全2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、7月24日に開幕予定だった東京五輪の「1年程度」の延期が決まった。

G菅野に開幕延期は吉か “フル回転”はメジャーへの試金石に

 24日、安倍晋三首相と国際オリンピック委員会のバッハ会長との電話会議で「遅くても来年夏までに開催」が確認された。これにより、プロ野球界で最も大きな影響を受けるのは、この男ではないか。侍ジャパンのエース候補、巨人の菅野智之投手(30)である。

 かねてメジャー挑戦の夢を公言している。順調なら2021年中にも海外フリーエージェント(FA)権を取得。球団は昨年11月にポスティングシステムによる大リーグ移籍を初めて容認し、山口俊(32)のブルージェイズへの移籍が実現した。菅野も海外FA権を取得する1年前、つまり今年のオフにも、同システムでの移籍の可能性が浮上している。

■ファンの気持ちを大切に柔軟に

 巨人の山口寿一オーナーは昨年11月、「菅野の場合はドラフトで1年待って1年を棒に振ってジャイアンツに来ている。その分、海外FA権を取得する時期も後の方にずれていくという事情はあります」と言及。11年のドラフトで日本ハムからの1位指名を拒否し、翌年に巨人入りを果たした「空白の1年」を考慮する可能性を示唆すれば、今村司球団社長も日刊ゲンダイのインタビューで「今のヒーローの条件は『世界』というキーワードが外せない。ファンの方が『行ってこい。頑張ってきて』と言うのか、『無理だろ』と思うのかが結構大きい。民意だと思う。ジャイアンツとしてはファンの気持ちを大切に柔軟に対応していこうと思う。最終的に選手に選択権があるようにしたい。菅野君も自分の今の体調などを見ながら選択するんじゃないですか。彼には今シーズンが終わってから話をしようと言っています」と前向きな発言をしている。

 ただ、五輪が1年延期になれば、菅野の夢に暗い雲が垂れ込める。菅野は母国開催の五輪出場にも「決まってから、ずっと目標にやってきた。(ソフトバンクの)千賀とも『やっぱり出たいよね』と話した」と語るなど、強い意欲を示している。しかし、来年メジャーリーガーになった上での五輪参加はほぼ不可能となっている。大リーグ機構は東京五輪にメジャーのベンチ入り26人枠に入っている選手の出場を認めていないからだ。

 五輪出場にこだわれば、メジャー移籍は早くても海外FA権を取得する21年オフ。プレーする22年には32歳になっている。今村社長が「やはり30歳を越えると峠を越える。今後はFA権の取得期間を短くするとか、ルールが変わっていくかもしれません」と語っているように、年齢の問題が生じるのである。

「1年でも早く行きたいでしょう」

 これまでは14年に右肘靱帯の部分損傷で登録抹消された以外は大きな故障はなかった。だが、昨年は腰痛のため3度の登録抹消を経験。昨年10月に30歳を迎え、「年を取って体が硬くなってきた」「今まで動いたところが思うように動かない」など肉体の変化を口にするようになった。

 OBで元巨人投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言う。

「大リーグ球団は契約の際、日本以上に年齢にシビア。菅野が体の変化を口にするのは、そういう兆候があるから。これまでかたくなにポスティングシステムでの移籍を認めてこなかった巨人が、山口俊の移籍を機に、せっかく軟化しているなら、1年でも早く海を渡りたいのが本音でしょう。五輪が今年開催されるなら、エースとしてフル回転したはず。でも、たった6チームの出場で半分がメダルを取れる五輪のために、大リーグ挑戦の夢を1年先延ばしするとは考えにくい。いずれにせよ、今年五輪→来年大リーグという“両取り”は難しくなったと思います」

 昨年の契約更改時、メジャーへの気持ちを聞かれた菅野は「もちろん、そういうものは変わらず持っている。でも、そこを見据えて来季を戦うのはチームに失礼。日本一を目指して、その後にいろいろ話は出てくると思う」と夢は変わっていないと明かしている。

 菅野は24日、中日との練習試合に登板。2回を投げて3安打1失点。最速151キロをマークし、3三振を奪った。

 開幕が当初の4月10日からさらに同24日に延期になったことで、難しい調整を強いられる。「今開幕してもいい。体的にはいい調整ができている。24日と決まったのでベストを尽くす。不安はない」と自信たっぷりだった。

 来年に延期となった五輪を選んだ場合は巨人に残留。来年メジャーに挑戦するなら五輪は断念――。菅野はいずれ、さらに難しい選択を迫られることになる。