保釈の「後見人」となってくれた佐藤氏に向け、田代は感謝の気持ちを涙ながらに伝えた

写真拡大

保釈の「後見人」となってくれた佐藤氏に向け、田代は感謝の気持ちを涙ながらに伝えた

 マイクスタンドの前に立ち、気持ちよさそうに歌声を披露する男。少し太った印象はあるが、トレードマークのチョビヒゲは見間違えようがない。昨年11月、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された田代まさし(63)だ。

 通算で5度目となる違法薬物による逮捕から、昨年のクリスマスにひっそりと保釈されたマーシー。本誌は今回、保釈から5日後に千葉県匝瑳市で開かれた「忘年会ライブ」の動画を入手した。ライブを主催したロックバンド『COOLS』のリーダー・佐藤秀光氏(68)が語る。

「田代と親しく付き合うようになったのは、’18年5月から。ツーリングイベントで一緒になったのがきっかけでした。今回の保釈にあたって、保釈金を用意して『後見人』になったのも俺です。保釈申請は4回却下されていたんだけど、やっと許可されてね。保釈後に再会したとき、あいつは『本当にサンタクロースっているんだ』って泣いていました」

 ライブの曲の合間には、

「本当はこういうところに出てる場合ではないんですけども、直接謝ったほうがいいかなと思いまして……」

 と、集まった仲間たちに語り、涙ぐむ場面もあった田代。しかしやはり、「ミニにタコ」発言で世間を騒がせた男である。千葉県警の刑事らもライブに来ていることを鑑みて、佐藤氏から「ギャグ禁止令」を出されていたにもかかわらず、こんな渾身のジョークも飛ばしていた。

「見た目も(逮捕された)時期も似ているんで、勘違いしている人がいるかもしれませんが、私、沢尻エリカじゃありませんからね!」

 相変わらずな調子を見ていると、どうしても心配になるのは、また薬物に手を出すのではないか、ということだ。佐藤氏が田代のいまと今後について語る。

「田代は保釈後、まっすぐ茨城県内にある更生施設に入所しました。いまは施設で畑を耕したり、掃除したり、祭りをしたりという生活を送っているみたいだね。病院にはまだ行っていないけど、治療方針はこれから決める予定です。

 田代と知り合ってからまだ2年弱だけど、ヤツのことを兄弟だと思っている。俺はあえいでいる田代の笑顔が見たいんだ。俺はバイクが好きなんだけど、田代はいま、『免許をとって兄貴と一緒に走るんだ』と言って頑張っている。これから裁判が始まるけど、なんとか田代のために執行猶予を勝ち取りたい」

 見捨てずにいてくれる犒撒瓩里燭瓩法∈E戮海重賃紊鰐物を断ち切れるか。

 1月17日発売の『FRIDAY』では、「忘年会ライブ」にボーカルとして登場した田代まさしの姿を詳報している。

詳細の書かれた本誌記事はコチラ