『殺人の追憶』だけじゃない。ナゾが多く不可解な「韓国3大未解決事件」とは?

写真拡大 (全4枚)

日本でもファンが多い韓国映画『殺人の追憶』のモチーフとなった華城連続殺人事件の有力な容疑者が特定された。

京畿南部警察庁の発表によると、容疑者は56歳の男性で1994年1月に義妹を強姦殺人した罪で無期懲役が確定し、現在も服役中だという。

映画『殺人の追憶』のモチーフになった華城連続殺人事件について詳しく紹介しよう。

華城連続殺人事件は、1986年から1991年にかけて現在の華城市にて10人の女性が強姦殺害された事件だ。

被害女性の年齢層は10〜70代とバラバラだったが、性器に激しい損傷を受けていたという共通点があった。ナイフでえぐられたり、膣の中からボールペンやスプーン、桃の種が9個も出てきたりした、非常に猟奇的な犯行といえるだろう。

【写真】「世界で最も美しい顔100人」韓国芸能界から選ばれた美女、一挙全公開!!

映画『殺人の追憶』ポスター

どの事件現場でも犯人のものと思われる精液や髪の毛が見つかったが、当時の科学捜査では犯人を特定できず、約2万人もの容疑者・参考人が捜査対象となった。

その捜査ファイルは、業務用ロッカー5台を埋め尽くす分量だったという。しかし、捜査過程で3人の容疑者が自殺し、「華城怪談」という異名を残したまま、2006年に時効を迎えることになった。

韓国ではこの華城連続殺人事件以上にショッキングな未解決事件があり、それらは「韓国3大未解決事件」と呼ばれていずれも映像化されている。

『殺人の追憶』だけではない未解決事件の映像化

例えばソル・ギョング主演の映画『あいつの声』のモチーフになったのは、「イ・ヒョンホくん誘拐事件」だ。

ソウル・狎鴎亭洞(アックジョンドン)の公園で遊んでいたイ・ヒョンホくん(9歳)が30代と思われる男に誘拐されたこの事件は、ヒョウンホくんの両親と誘拐犯が60回にわたって電話やメモのやりとりをしたにもかかわらず、最後の連絡から1カ月後にヒョウンホくんは遺体で発見された。

しかも検視の結果、実は誘拐初日に殺害されていたことが判明。人々を激怒させた。

犯人は、誘拐初日に録音したヒョウンホくんの声を編集して、狡猾な手口で両親に身代金を要求するも、警察の介入に気づき、時効まで姿を消した。犯人の似顔絵や声は、今もネット上に公開されている。

映画『あいつの声』ポスター

映画『カエル少年失踪殺人事件』は、当時小学生だった5人の少年が、サンショウウオの卵を探しに近所の山へ出かけたきり失踪した事件をモチーフにしている。

カエル少年失踪事件の無残さと不可解

「カエル少年」と呼ばれる理由は、少年たちが探しに行った“サンショウウオの卵”が“カエルの卵”と誤伝されてしまったからだ。

当時、全国民を巻き込んだ“カエル少年探し”が行われるも、まったく成果はなかった。

それから11年が過ぎた2002年、とある高校の新築現場でカエル少年たちと思われる5体の白骨死体を発見。検視の結果、頭に殴られたような痕跡があったので他殺と断定されるも、捜査を進めるには時間がたちすぎていた。

ちなみに、少年たちが通っていた小学校は、彼らの死亡が確定した2002年まで、もし生きて発見されたら即復学できるよう、学籍をそのまま残し、毎年5人分の定員枠も空けていたという。

映画『カエル少年失踪殺人事件』ポスター

興味深いのは、華城連続殺人事件にしてもイ・ヒョンホくん誘拐事件にしても、カエル少年失踪殺人事件にしても、すべて1991年に発生(もしくは連続犯行が終了)していることだ。、韓国の90年代は実際のところ、政府が「犯罪との戦争」を宣言するほど暗い時代だったが、そうしたことも無関係ではないような気がする。