日の丸の旗、後醍醐天皇下賜説に矛盾 京都大などの年代測定でずれ

ざっくり言うと

  • 後醍醐天皇の下賜品とされる、奈良県五條市の旧家に伝わる日の丸の旗
  • 京都大などのチームが年代測定し、1463〜1634年に作られた可能性を指摘した
  • 伝承とは矛盾する結果となり、当主は「さらに研究が進んでほしい」と話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x