企画展「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」六本木で、浅葉克己が集めた時空を超えるユーモア

写真拡大

アートディレクター・浅葉克己による企画展「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」が、2019年3月15日(金)から6月30日(日)まで、東京ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2にて開催される。

浅葉克己は、長野オリンピック公式ポスターやサントリー「夢街道」、武田薬品「アリナミンA」といった数多くの名作ポスター、コマーシャルを制作しているアートディレクターだ。世界各地で様々な人やモノに出会ってきた浅葉克己にとって、「ユーモア」はコミュニケーションの最も大切な感性のひとつである。

「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」では、浅葉克己が国内外から集め、インスピレーションを得てきた資料やファウンド・オブジェとともに、「ユーモア」のシンパシーを感じているデザイナーやアーティストの作品を紹介。時代や国を超えた、心和むユーモアからブラックユーモアまで、様々な「ユーモア」のかたちと表現を一望できる。

国内からは、福田繁雄の立体作品《アンダーグランドピアノ》、90歳でもなお精力的に活動するクリヨウジ(久里洋二)の挑戦的なアニメーション《LOVE》、和田誠の似顔絵などを展示する。また、海外からの出品作品には、ニュージーランドのディーン・プールの《Fingers》や、イギリスのジョン・ウッド&ポール・ハリソンによる映像作品《The Only Other Point》など世界で活躍するアーティストが名を連ねる。

さらに、浅葉克己本人からは、年賀状10年分や、50年分のブチューン(ワイドラックス)カメラで撮影したモノなどを展示する。

【詳細】
企画展「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」
開催期間:2019年3月15日(金)〜6月30日(日)
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで)
※5月25日(土)は、六本木アートナイト2019開催にあわせて23:30まで開館延長(入場は23:00まで)
休館日:火曜日 ※4月30日(火)は開館
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
入館料:一般 1,100円/大学生 800円/高校生 500円/中学生以下無料

■オープニングトーク
開催日:2019年3月23日(土)
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
出演:浅葉克己、他


[写真付きで読む]企画展「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」六本木で、浅葉克己が集めた時空を超えるユーモア

外部サイト

  • 「ザ・ローリング・ストーンズ」の大規模展が五反田で開催、ヴィンテージ楽器やステージ衣装など500点超
  • 最先端テクノロジーアートの祭典「メディア アンビション トウキョウ」チームラボや落合陽一ら出展
  • デザイン&アートフェスティバル「デザイナート・トーキョー 2018」東京の街全体が"美術館"に