日大タックル問題 第三者委員会も前監督の「やらなきゃ意味ないよ」認定

ざっくり言うと

  • 日大タックル問題を調査している第三者委員会が29日、中間報告会見を開いた
  • タックルは内田正人前監督と井上奨前コーチの指示によるものだと認定
  • 謝罪会見で内田氏が否定した「やらなきゃ意味ないよ」発言も認定された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x