熊本県の阿蘇山は雄大な自然美を誇る観光地だが、日本中を驚かす出来事が2015年9月14日9時43分に起きた。中岳第一火口で小規模な噴火が発生したのだ。

火口から弾道を描いて飛散する大きな噴石が確認され、噴煙は火口縁上2000メートルまで上がった。今後も同程度の噴火が発生し、火口から約2キロ以内に噴石が飛散する可能性があることから、噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げられた。
周辺自治体や関係機関でつくる阿蘇火山防災会議協議会は、県道阿蘇吉田線と火口東側の市道を通行止めにし、火口から半径4キロ範囲の立ち入りを規制した。14日夕方には一部を解除し、火口から3キロ弱の草千里駐車場まで通行が可能となった。

阿蘇市内の宿泊施設でキャンセル続出

こうした事態を受け、15日の産経WESTは、阿蘇市から聞いた話として、市内の宿泊施設で15日午前10時半までに111件、計422人のキャンセルが出ていると報じている。

しかし主な観光施設は立ち入り可能な場所で、今日も多くの国内外の観光客が噴煙の様子を見にやってきている。


熊本県の「阿蘇観光マップ」に編集部加筆

懸念されるのは、今回の噴火による観光産業への悪影響。多くの地元住民が、「阿蘇郡市の温泉・宿・他観光施設、今のところなんら問題ありません」とツイッターで呼び掛けている。

草千里ヶ浜は、烏帽子岳の北麓に広がる直径約1キロの草原と雨水が溜まってできたといわれる池があり、阿蘇を代表するロケーションの1つだ。15日現在、この場所も立ち入りが可能だ。

阿蘇山の草千里ヶ浜(t-mizoさん撮影、Flickrより)

また同地にある阿蘇火山博物館は午前9時から通常通り開館している。ここには阿蘇火山防災会議協議会の現地対策本部が置かれていて、観光客に対するガス周知と安全対策に努めている。

熊本県観光サイトの「阿蘇中岳の噴火状況について」によると、中岳・高岳への登山道と「阿蘇スーパーリング」(阿蘇山ロープウェー阿蘇山西駅周辺)は立ち入り禁止となっている。