(CNN)シンガポールの最高裁判所は23日までに、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を通じ薬物取引事件の男性被告に対し死刑の判決を言い渡した。ズームの利用は新型コロナウイルスの予防策の一環。最高裁の報道担当者は、リモート(遠隔)裁判で死刑が宣告された刑事事件はシンガポールで初めてとも述べた。この被告は37歳のマレーシア人男性で、2011年にヘロイン28.5グラムの違法取引事件の共犯と断定