2014年に欧州宇宙機関(ESA)の探査機「ロゼッタ」によって、世界初の彗星着陸が行なわれた「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(P67)」。この非常にいびつな形をした彗星は約6.5年というゆっくりとした公転周期で太陽系を周っています。この彗星にはロゼッタから着陸船「フィラエ」が着陸したのですが、フィラエは同彗星に存在する物質の組成を計測しています。そして、イギリスのオープン大学のColin Snodgrass氏やその同僚はその