「VAIO Phone」は高くない?安いセット売り限定で本体価格を高目に設定した策が裏目に

写真拡大 (全2枚)

3月12日、格安SIM(MVNO)大手の日本通信と、PCメーカーのバイオは、新型のSIMフリースマホ「VAIO Phone(バイオ フォン)」を発表した。
VAIO Phoneの発売は3月20日で、イオンなどで取り扱われるという。

満を持して発表されたはずのVAIO Phoneだが、発表当初よりネット界隈では「高い」というコメントが多い。
価格は一括価格で51,000円(税抜)。さらに、スマホ単体では販売されず、日本通信SIMとのセット契約になるそうだ。

性能だけで見ると、おおよそ3万円のモデルと変わらないというが、本当にそうなのだろうか。

●ASUSのZen Phone 5と比較して2倍高かった
国内メーカー初のAndroid 5.0(コード名:Lollpop)を搭載したというVAIO Phoneだが、海外に目を向けると日本メーカーのAndroid 5.0搭載スマホが存在する。

VAIO Phoneよりも数日前に発表された、パナソニック製の「ELUGA U2」だ。
しかしながら、パナソニックは国内スマホから撤退しているため、こちらは海外専用モデル。

さらにもうひとつ比較対象として、昨年秋より販売されているASUSの「Zen Phone 5」も比べてみよう。



以上のようになる。
ちなみに、「Zen Phone 5」は現在Android 4.4だが、Android 5.0へアップデートする予定もあるそうだ。

ほぼ同じ性能の3モデルを比較すると、VAIO Phoneだけが飛び抜けて高いということがわかる。
・VAIO Phone :51,000円(税別)
・ELUGA U2 :約31,000円
・Zen Phone 5 16GBモデル :26,800円(税別)

といった具合だ。

カメラの性能やバッテリー容量こそVAIO Phoneの性能が高いが、それでも価格差24,200円は差が開きすぎている。

●デザインは「ELUGA U2」とクリソツだった
さらに、VAIO Phoneには気になる部分がある。
バイオが担当したデザイン面だ。

実は、VAIO Phoneと海外専用モデルのELUGA U2ではデザインが全く同じとなっている。
違いといえば、VAIO Phoneは背面にガラスを採用している点と、VAIOのロゴが入っている程度だろう。

ここは憶測の域を出ないが、バイオが担当したのはガラスの採用とロゴの位置決めと思われても仕方がない。

しかも、内蔵されているソフトだが、約3万円のELUGA U2は日本向けパナソニックスマホにも採用されていた「FitHome UI」が採用されているが、VAIO Phoneはそういった工夫がなく、素のUIが搭載されている(NEXUSシリーズと同じ)。
したがって、バイオはソフト面には関わっていないことがわかり、ますます「ガラスとロゴだけ?」疑惑が深まってしまう。

●VAIO Phoneが高い理由は特殊な販売方法にあった
それでは、VAIO Phoneはどうして同じ性能の他モデルと比較しても2万円以上高いのだろう。

これには販売方法が絡んでいる。

日本通信によると、VAIO Phoneはスマホのみの販売はせず、日本通信の回線契約込みでの販売になるという。
その際、本体価格は48,000円(税別)で、24カ月の分割契約で毎月2,000円となる。
さらに、専用プランが用意される
・ライトプラン 音声付き:980円 高速通信1GB/月(プラス本体分割代金2,000円)
・高速定額 音声付き:1,980円 高速通信使い放題(プラス本体分割代金2,000円)

価格は税別

実はこの専用プラン、SIMだけで契約するよりも割安となっている。
・ライトプラン 音声付き 通常は月額1,980円 毎月1,000円割安(2年間で24,000円安い)
・高速定額 音声付き 通常は月額2,780円 毎月800円割安(2年間で19,200円安い)

という具合だ。

したがって、本体が2万円ほど高いのは、プランの割引で吸収させているということになり、決して高いというワケではない。
一括販売時の本体価格51,000円という金額のみの部分がひとり歩きしてしまい、ネット上で「高い」と思われてしまったのだろう。

確かに一括価格は同性能のスマホと比較しても高いうえ、日本通信と2年契約する必要がある。しかしながら、はじめから2年使う前提であれば決して高くないのではないだろうか。

ちなみに、スマホ自体にはVAIOであるべき「VAIOらしさ」は見受けられない。
また、iPhoneやXperiaといった、一言で「らしさ」はまだ作られていないのだろう。
今後のモデルでは、ぜひとも「VAIOらしさ」を確立してほしいものだ。

VAIO Phone|日本通信


布施 繁樹