「Dancingood day」新CMのワンカット

写真拡大

イトーヨーカドーは、中学校のダンス必修化(2012年4月)に向けた本格志向のカジュアルダンスウエア「Dancingood day」の新テレビCMに、ダンス&ボーカルユニット「Dream5(ドリーム・ファイブ)」を起用し、「Dancingood day『ムービー&スチール』」篇(15秒、30秒)のオンエアを、3月24日から全国で始める。

千葉県内の本物の中学校を舞台に撮影された今回のCMは、「Dream5」の5人が、教室や音楽室、ホール、体育館、階段など、校内のさまざまな場所で自慢のダンスを華麗に踊りまくるというものだ。撮影では、同じダンスを繰り返し踊ることもあったが、メンバーは疲れた顔ひとつ見せずに同じテンションで最後まで乗り切り、スタッフはその意識の高さに感心したという。

メンバーの1人、重本ことりさんは、

「特に(今回の)パンツが好きで、動きやすいし、デザインがかわいいです」

と新商品の「Dancingood day」がお気に入りの様子で、「とにかく踊りやすいのが一番」と話し、その場で色んなダンスを披露してみせたそうだ。