これまでに発売されたゲームソフトの売り上げを比較してみると、トップはダントツで1985年9月13日に発売されたファミコン版「スーパーマリオブラザーズ」になるそうです。売上本数は4024万本となっており、2位に1000万本近くの差を付けています。

以前GIGAZINEでWiiのバーチャルコンソールでのダウンロード数の1位が「スーパーマリオブラザーズ」であるということをお伝えしましたが、さすがといったところでしょうか。

今回は上位818本のうちトップ10をまとめてみましたが、2位以下もマリオやポケモンをはじめとした任天堂のゲームソフトが席巻しており、任天堂のゲームソフトの人気の高さがうかがえる内容となっています。

詳細は以下の通り。
Video Game Chartz - Nintendo - Sony - Microsoft - Worldwide Million Sellers

このページによると、ゲームソフトの売り上げ上位818本のうち、トップ10は以下の通り。

・1位
スーパーマリオブラザーズ(ファミコン):4024万本

・2位
ポケットモンスター 赤/緑/青(ゲームボーイ):3137万本

・3位
テトリス(ゲームボーイ):3026万本

・4位
ダックハント(ファミコン):2831万本

・5位
ポケットモンスター 金/銀(ゲームボーイ):2310万本

・6位
スーパーマリオワールド(スーパーファミコン):2061万本

・7位
スーパーマリオランド(ゲームボーイ):1814万本

・8位
スーパーマリオブラザーズ3(ファミコン):1728万本

・9位
The Sims(PC):1608万本

・10位
ポケットモンスター ルビー/サファイア(ゲームボーイアドバンス):1515万本

全世界トップ10のうち、1つを除いたすべてが任天堂のゲームということに驚かされますが、ちなみに11位は「グランド・セフト・オート・サンアンドレアス(PS2)」で1488万本、12位が「グランツーリスモ3(PS2)」で1487万本、13位が「ニンテンドッグス(ニンテンドーDS)」で1479万本、14位が「ポケットモンスター ピカチュウバージョン(ゲームボーイ)」で1464万本、15位が「グランド・セフト・オート・バイスシティ(PS2)」で1420万本となります。

また、以下のリンクで日本の売り上げだけを比較した場合、1位は「ポケットモンスター 赤/緑/青(ゲームボーイ)」で1023万本、2位が「ポケットモンスター 金/銀(ゲームボーイ)」で721万本、3位が「スーパーマリオブラザーズ(ファミコン)」で681万本となり、マリオとポケモンが完全に逆転します。どうやらマリオは日本以上にアメリカで愛されているようです。

Video Game Chartz - Nintendo - Sony - Microsoft - Worldwide Million Sellers

・関連記事
携帯ゲーム機の全世界販売台数ランキングワースト10 - GIGAZINE

世界中で売れなかったゲーム機ワースト10 - GIGAZINE

映像で見るゲームグラフィックの進化の歴史 - GIGAZINE

Xbox360、PS3、Wiiの消費電力を詳細に比較してみる - GIGAZINE

Xbox360、Wii、PS3の問題点をそれぞれ比較してみる - GIGAZINE 記事全文へ