先制ゴールを決めたブライトン三笘薫【写真:ロイター】

写真拡大

ウルブス戦で1ゴール1アシストと躍動、相手4人を突破する衝撃のドリブル弾が反響

 イングランド1部ブライトンの日本代表MF三笘薫は、現地時間8月19日に行われたプレミアリーグ第2節ウォルバーハンプトン戦で1ゴール1アシストと躍動し、4-1勝利に貢献。

 前半に生まれた相手4人を突破する衝撃のドリブル弾が反響を呼び、その驚異的なプレーに英記者も驚きの声を上げている。

 前節のルートン・タウン戦(4-1)で1アシストをマークした三笘が、またも躍動した。0-0で迎えた前半15分、左サイドでマッチアップしたDFネルソン・セメドをかわすとそのまま加速して中央を突破。追いすがるもう1人をスピードで剥がし、さらにペナルティーエリア付近で寄せてきた2人もぶち抜くと、最後は右足でフィニッシュした。

 敵陣を切り裂くスーパーゴールで先制点を奪った三笘は、後半1分にDFペルビス・エストゥピニャンのゴールをアシストし、1ゴール1アシストと大活躍。前節に続き出色のパフォーマンスを見せつけたなかで、相手4人をドリブルで突破した驚愕ゴールシーンは英国内でも大きな反響を呼んでいる。

 英ラジオ局「talk SPORTS」は「三笘薫、ブライトンでの驚愕の独走ゴールで『全盛期のリオネル・メッシ』を彷彿とさせる」と見出しを打ち、ファンから大絶賛を受けた反応を紹介するとともに、同メディアのイアン・ダンター記者が「『驚異的』と評した」として、スタジアムで生中継されたコメントも伝えている。

 ダンター記者は「彼は左サイドから入ってきて、ウルブスのディフェンスラインを破り、GKジョゼ・サが身体を張るのを待って、そのまま彼の横をすり抜け、ゴール下隅にボールを流し込んだ。日本代表FWの驚くべきプレーだ!」と語り、一連のプレーに驚きを示している。

 真骨頂のドリブル突破を発揮した衝撃弾で観る者を虜にした三笘。記事では「そのゴールの質からすると、三笘がブライトンの次なるスター選手として1億ポンド(約185億円)以上の値札が付けられたとしても不思議ではない」と、そのポテンシャルの高さに脱帽の声を上げていた。(FOOTBALL ZONE編集部)