(写真:アフロ)

写真拡大

5月4日、ロシア外務省が日本人63人に対してロシアへの入国禁止を発表した。ウクライナ侵攻を受けて対ロシア制裁をとった日本への報復であり、期間は無期限だという。

各メディアによると、政権与党の自民党からは岸田文雄首相(64)をはじめ、松野博一官房長官(59)や林芳正外相(61)、岸信夫防衛相(63)らが入国禁止の対象に。高市早苗政調会長(61)や今井絵理子議員(38)の名前も。

共産党の志位和夫委員長や野党関係者もリストに。また、読売新聞グループ本社の渡邉恒雄取締役主筆や日経新聞者の会長といったメディア関係者も同じく入国禁止に。

政治家やメディア関係者に留まらず、中にはスポーツ評論家の二宮清純氏の名前も。ロシア外務省はこの63人を選んだ理由は明かしておらず、SNS上では“謎の人選”と困惑の声があがった。

《ロシアの入国禁止リスト、政治家とか新聞社の人はまだわかるけど、スポーツジャーナリストの二宮清純さんが入ってるの謎すぎる》
《なんか…よくわからない基準で入国禁止の人が選ばれてる》
《ロシアの入国禁止、なんで?みたいな人がちょいちょい入っててよくわからんな》
《二宮清純さん、入国禁止になってる。なんで?》

いっぽうで、安倍晋三元首相(67)の名前は挙がっていなかったが……。ある全国紙記者はいう。

「安倍元首相はプーチン大統領を『ウラジミール』とファーストネームで呼ぶ仲で、2019年9月の首脳会談では『ウラジミール、君と僕は同じ未来を見ている』と言葉をかけていました。

ウクライナ侵攻に関しては『プーチン大統領は大きな間違った判断をした結果だと思う』と厳しい言葉を述べていましたが、今回入国禁止の対象外となったのには安倍元首相が長年に渡ってプーチン大統領と友好関係を結んできたことが関係しているのかもしれません」

理由不明の入国禁止リスト。今後、さらに増えるのだろうか。