上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、100円ショップを運営するキャンドゥ(東証一部)を取り上げます。

キャンドゥ社員の平均年収は418万円

最新データ(2020年11月期)によると、キャンドゥ社員の平均年間給与は418.2万円。ここ数期は右肩上がりで、4期前と比べると20万円あまり増えています。

2016年11月期:398.0万円2017年11月期:402.5万円2018年11月期:402.9万円2019年11月期:412.1万円2020年11月期:418.2万円

この額には、賞与や基準外賃金(手当など)も含まれています。

企業口コミサイト「キャリコネ」に投稿された給与明細によると、31歳男性の販売系社員は年収403万円。役職手当は月5万円、定期賞与は年2回で計55万円です。

勤務時間については「仕事があってやらざるを得ないのに、残業を許可されない」と不満があるものの、「きちんと年に2回賞与があり、退職金制度もある」点を評価しています。

キャンドゥの売上高はここ数期、安定的に伸びており、2020年11月期も前期比2.4%増の730億円となっています。営業利益も前期比30.6%増の15.6億円と増えていますが、前期に大きく減少した反動もあり、2016年11月期の23.4億円という水準には達していません。

2011年11月期の通期予想は、売上高が前期比1.5%増、営業利益が同8.6%増の増収増益となる見込みを立てています。

キャンドゥ社員の平均年齢は38.9歳

次に、従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

キャンドゥ社員の平均年齢は38.9歳。ざっくり言うと、30代後半で400万円台をもらう人が多いということでしょうか。2016年11月期:714人(35.3歳・9.5年)2017年11月期:649人(36.3歳・10.5年)2018年11月期:618人(37.2歳・11.3年)2019年11月期:614人(38.0歳・11.8年)2020年11月期:612人(38.9歳・12.4年)

グループ全体(連結)の従業員数は、2020年11月期で627人。キャンドゥ本体(単体)とほぼ変わりません。

キャンドゥの従業員数はここ数期で減少傾向にあり、平均年齢も上昇気味。一方、店舗数は2016年11月末の967店舗から、2020年11月末の1,065店舗へと増加しています。

内訳は、直営店が710店舗、国内FC店が347店舗、海外FC店が8店舗。売上高は直営店が629.9億円で、全体の86.2%を占めています。

インスタのフォロワー70万人超に

100ショップ業界では、コロナ禍の影響による不安定な商品供給や物流遅延、スーパーマーケット業界再編に伴う商業施設の閉鎖、他業界による低価格競争など、ネガティブな環境変化があります。

そんな中でキャンドゥは、100円以外の他価格帯商品の取扱を開始し、フォロワー70万人を超えるInstagramを通じた認知度向上を図るなど、新しい取り組みで競争に臨んでいるようです。

2021年11月末の店舗数は、25店舗純増の1,090店舗を計画しています。内訳は出店が80店舗、退店が55店舗です。

採用サイトを見ると、中途採用は募集職種なし、新卒採用も「詳細が決まり次第ご案内」、アルバイトのみ全国の店舗で募集。従業員を絞り込んでいるようです。

-----

あなたの地元の優良中小企業の求人を探してみる。