新型コロナ感染後、抜け毛に悩む人も(写真/共同通信社)

写真拡大

「嗅覚が戻るのは時間がかかったという印象。100%治っているのか、もしかしたら治っていない部分があるのかなって思ったり、不安に思うことは多い」

『めざましテレビ』(フジテレビ系、11月26日放送)で新型コロナウイルスの後遺症について不安を吐露したのは、8月に感染が確認されたHey! Say! JUMPの伊野尾慧(30才)だ。

 新型コロナは肺炎など呼吸器系の疾患を招き、感染者の8割が軽症もしくは無症状で、2割が重症化するとされる。感染が拡大した当初は、重症者が肺炎などで命を落とさないための施策が優先された。

 だが、第1波から半年以上経って迎えた第3波では、重症化の予防とともに、最大限の注意を払うべきは「後遺症」であるという認識が、医療関係者の間で広がり始めている。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんが指摘する。

「現在、世界中で新型コロナによる後遺症の研究が進んでいます。その論文数は20万件以上で、100種類以上の全身症状が報告されています。どんな人でも後遺症が起こる可能性があり、最近は無症状の若い人の後遺症報告が増えています。国内では第3波による感染拡大で医療が逼迫するとともに、深刻な後遺症が増加することが懸念されます」

 新型コロナは死を免れたら終わりではない。日本人だけが知らない本当の恐怖とは何だろうか。

 バスローブ姿の女性が長い髪をブラシでとかすと、そこには大量の「抜け毛」が──4月に感染したアメリカの女優アリッサ・ミラノがSNSに投稿した動画は世界に衝撃を与えた。頭髪がごっそり抜けるのは抗がん剤や放射線治療の副作用というイメージがあるが、脱毛は新型コロナの後遺症として世界中から指摘される。

 日本の国立国際医療研究センターが退院後のコロナ患者に行った調査でも、4人に1人に抜け毛の症状がみられた。持続時間は平均76日で、発症後30日頃から現れて、長い場合は発症後120日くらいまで消えなかった。

「新型コロナの後遺症としての抜け毛は本当に多いです」

 そう指摘するのは、現在も100人ほどの新型コロナ後遺症患者の治療を続ける、新中野耳鼻咽喉科クリニック院長の陣内賢さんだ。

「なかでも、『普段から抜けるのですが、感染後はさらに脱毛が増えた』という女性からの相談が多い。女性の方が男性より抜けやすいのか、普段から髪の手入れをするので気づきやすいのかまではわかっていません。長期間に及ぶ病気というのは東洋医学でいうところの血(栄養のようなもの)にかかわる病気であることが多く、毛髪はその血の一部から生成されるといわれているので、どうしても影響が出るのでしょう」(陣内さん)

 抜け毛とともに国内外で注目されるのが「脳の霧」だ。

「頭に霧がかかったように物事が思い出せなくなることから『ブレイン・フォグ(脳の霧)』と呼ばれる症状です。具体的には、記憶力や集中力の低下、倦怠感やめまい、日常的な言葉を理解する能力の低下などの認知症状を指します」(一石さん)

 7月、新型コロナから回復した50代女性Aさんも「深い霧」に悩まされるひとり。

「頭の中にモヤがかかったような状態が続いています。めまいや頭痛も頻繁にあってとにかく疲れが抜けず、常にぐったりとした状態です」

 ブレイン・フォグだけではなく、Aさんのような「激しい倦怠感」や「激しい疲労感」もよくみられる。2か月前に新型コロナに感染した30代男性Bさんがかすれた声で語る。

「もともと体力に自信があったので、すぐに仕事に復帰しようとしましたが、少しでも動くと疲れて座り込んでしまうので、しんどくて復帰どころではありませんでした。3週間ほど休んでから通常業務に戻りましたが、いまも疲労感は続いています」

※女性セブン2020年12月17日号