「初老の男性には麻疹のようにある、ひとつの現象ですけどね。一過性のことで誰にでもありますよ」

【写真】この記事の写真を見る(12枚)

「裸にしてみたことはあるけれど、それ以上のこと彼はできないんですよ。初老だから」

「彼はセクハラはしていません。あれは生理現象なんです」

 電話口の向こうの男性は声を荒げ、時に笑いをこらえるようにして、そう連呼した。この男性は東京・中野に本部を置く社会福祉法人「愛成会」理事長・井上庸一氏だ。

 そして、この井上氏が「彼」と呼び、必死にかばっているのが、すでに複数のメディアによって性暴力疑惑が報じられている滋賀県近江八幡市を拠点とする社会福祉法人「グロー」理事長・北岡賢剛氏である。

 2020年11月13日、2人の女性が北岡氏から性暴力を振るわれ、10年にわたりセクハラとパワハラの被害を受け続けたと告発。北岡氏とグローを相手取り、計約4254万円の損害賠償を求め東京地方裁判所に提訴した。


“障害者福祉のドン”北岡賢剛氏 「グロー」ホームページより

 北岡氏は今年の9月24日まで井上氏が理事長を務める愛成会の理事だった。

 冒頭は愛成会内で発生した北岡氏による性暴力、セクハラ・パワハラの実態について、理事長である井上氏の説明を聞くべく本人を直撃した時の受け答えの一部だ。

 井上氏がここまで守ろうとする北岡氏とは、いったい何者なのだろうか。現状、北岡氏本人からはこの訴訟について公での説明はない。いま、あらためて当事者や関係者の証言をもとに疑惑の背景に迫った。

障害者福祉の「天皇」によるセクハラ・パワハラ

 彼は、障害者福祉の世界では「天皇」と呼ばれている。

 社会福祉の業界でその名前を知らない者はいない。特筆すべきは永田町、霞が関との関係だ。その交友関係は幅広い。

 厚労族と言われる加藤勝信現官房長官、田村憲久現厚労大臣、衛藤晟一元内閣府特命大臣の信任が厚く、安倍晋三前総理にも顔が利く。また、一部の厚生労働事務次官とは下の名前で呼び合う間柄で、障害者分野を担当する政策統括官、参事官など霞が関にも太いパイプを持つ。

 そして、現在も厚労省の社会保障審議会障害者部会の委員や、内閣府の障害者政策委員会の委員を務めている。そんな障害者福祉の重鎮に浮かび上がった性暴力疑惑は、霞が関、永田町を巻き込んだ大問題に発展している。

 告発者の1人、Aさんは「愛成会」の現役幹部で現在40代前半の女性だ。愛成会では2003年から働きはじめ、2006年に常勤職員(主任)となる。その後、2015年4月からは愛成会の役員になっている。

 今年8月に都内の喫茶店で話を切り出したAさんは、怒りに震えながら10年以上にわたる北岡氏のセクハラを証言してくれた。

 障害者福祉の分野で働きたいと思っていたAさんにとって、北岡氏は雲の上の人だった。事実、北岡氏の障害福祉分野における貢献度は業界に関わる者の間では明らかだった。

 Aさんは、北岡氏が情熱を注ぐ障害者等の芸術文化事業に惹かれ、その門を叩いた。北岡氏は非常勤職員だったAさんの仕事ぶりを高く評価し、数年後には海外視察にも同行。2008年11月から北岡氏の右腕を務めるようになる。

 北岡氏がAさんに対してセクハラ、パワハラを繰り返すようになったのはこの2008年頃からだ。Aさんは当時をこう振り返る。

「電話は3コール以内に」「タクシーではおしりの下に手」

「仕事だから飲み会への参加は絶対だ、俺の電話には3コール以内に出ろ、できなかったら、常に電話を首からぶらさげておけと罵倒されました。北岡の指示に従わないと会議に呼ばれなくなったり、無視されたり、意図的に仕事を外されました。組織内における北岡の権力は絶対で、それに刃向かうことなど考えられませんでした」

 パワハラと並行して日常的なセクハラも続いた。

 仕事でタクシーに乗ると、北岡氏はAさんのおしりの下に手を突っ込んで触った。「やめてください」と拒絶すると、北岡はニヤニヤしながらその指を性的に動かす仕草をしてみせた。

 やがて、北岡氏のセクハラは徐々にエスカレートする。

 ある日、業務内容の確認のためにAさんが北岡氏にメールを送ると「ありがとう。好きですからね。きみは?」と書かれた返信が届いた。これをきっかけに、日常的に卑猥な言葉を綴ったセクハラメールが送られてくるようになる。

 実際のメールの文面からは、仕事上の上司と部下という当時の2人の関係性が分かるとともに、Aさんが部下の立場で北岡氏に常に丁寧な言葉使いを保っていることも見て取れる。にもかかわらず、北岡氏は上司という立場を利用して、Aさんのプライベートにまで踏み込んだハラスメントを繰り返した。

 北岡氏が好んで送りつけた言葉に「抱き上げる」がある。「こんにちは、抱き上げますけど」「抱き上げ、成功率は、何パーセント」など。これは「抱く=セックスをする」「上げる=成功する」を意味する造語だ。北岡氏は自分が送ったメールに反応がないと、電話をかけてくることもあった。

「電話したけど、通じない。男」

 例えば、こんなこともあった。その日、Aさんはひどく疲れていて、寝てしまった。翌朝、ケータイの画面を確認すると、北岡から次のようなメールが送られていた。

「電話したけど、通じない。男」

「やっぱり、男」

「ああああ、やっぱり、男」

「全く男」

「パーフェクトに男」

「サイアク」

 前日の23時から始まるこのメールは、日付が変わる午前3時まで続いていた。翌朝、このメールに気がついたAさんは、ゾッとして怖くなったという。

 また、同じ頃、北岡氏に仕事場の上司と部下という仕事上の立場を利用して北岡氏に呼び出された。2人きりになるなり、「ハグして」「好きだ」などと言われ、無理矢理キスされた。そして、Aさんはあの日に遭遇する。

 その晩、Aさんは仕事関係者数人との懇親会に呼び出された。普段はビールしか飲まないが、この日は北岡氏にビール以外のお酒をちゃんぽんで飲むように勧められ、ひどく泥酔してしまったのだ。

北岡氏が自分を襲おうと…

 再び意識が戻った時、Aさんは想像もしない場所にいた。北岡氏が宿泊する中野サンプラザのホテルのベッドの上だったのだ。しかも、洋服を脱がされた格好で、上半身裸だったのだ。下半身はまさぐられた痕跡はあったが、ズボンは脱がされていなかった。傍らで下着姿の北岡氏がいびきをかいて寝ていた。Aさんはその時、北岡氏が自分を襲おうとしたのだと直感した。

「その日、生理用のショーツをつけていたんです。下半身は覗かれたと思いますが、とても性行為ができる状態ではありませんでした。それでレイプは免れたのだと思います。急いで服を着て、部屋を飛び出し、停めていた自転車で自宅に戻りました。自分に起きたことを受け止められず、誰にも言えなくて放心状態でした。屈辱的な気持ちになり、ずっと床に転がって泣き続けました」

 時計の針は午前0時を回っていた。Aさんはこの日、誕生日だった。以来、Aさんは楽しみにしていた誕生日が、忌まわしい屈辱的な日となった。家族や友だちと誕生日を過ごしていても、毎年、自分が生まれた日に、加害者の顔を思い出さなければならなくなった。

 実は泥酔したAさんには断片的な記憶がある。

 それは、北岡氏と愛成会の男性役員に抱きかかえられて、北岡の部屋に連れて行かれる場面だ。部屋のドアが閉まる瞬間、その男性役員がニヤニヤしながら北岡氏に向かって手をふったのだ。これがAさんの最後の記憶だ。

その後も続くセクハラ被害

 しかし、本当の恐怖はこの日から始まる。北岡氏がこの出来事を話のネタにするのではないかと、翌日から怯える日々が始まった。予感は的中した。しばらくたったある日、北岡氏から「あの時の君はかわいかった」などのメールが送られてくるようになったのだ。また、同僚や仕事の関係者が集まる親睦会の場で、北岡氏が「Aは良い胸をしているんだよな」など、あの日のことを暗示させるような言動をとるようになってゆく。

 そのおぞましい言葉に触れた日から、Aさんは睡眠導入剤を飲まなければ、眠れない日々が始まった。あまりにも屈辱的な仕打ちに、絶対に誰にも言うことができなかった。

 その後も、北岡氏からセクハラメールは頻繁に届いた。その数は150通を越える。しかし、2015年、Aさんの仕事ぶりが法人内で評価され愛成会の理事になると直接的なセクハラの回数は減っていったという。

 実は北岡氏のターゲットが別の女性になったのだ。それが後に共同提訴するグロー職員のBさんだった。ただし、タクシーに乗ったときにお尻を触るのだけは止まなかった。

多くの関係者が語る北岡氏のセクハラ・パワハラ 

 愛成会の職員らに取材をすると、複数の職員や関係者が取材に応じた。

 誰もが北岡氏のセクハラは常態化していると声を揃えた。

 北岡氏はお酒が入ると、まだ酔いも回らないうちから女性職員に「一回やらせて」「彼氏とどんなエッチをしているんだ?」「帰ったらセックスするのか」などと延々、たずねるのがお決まりだった。ある職員は、北岡氏は性に対して異常な執着があると感じると話す。

「日常的なセクハラが飲み会だけでなく、業務中の移動の時にも続くのです。愛成会の男性理事も同席していましたが、止めるどころかいっしょに盛り上がっていました。その場にいることそのものが苦痛でしたが、うそでも盛り上がるふりをしなければ、北岡氏とは一緒に仕事ができないのです。愛成会やグローの職員で北岡氏と関りがある職員であれば、同じような場面に遭遇している人は多いと思います」

 また、北岡氏がAさんのいないところで、「Aは2人になると甘えてくる。俺はダメだと言っているが、Aが言うことをきいてくれないんだ」と話すのを、複数の職員が聞いている。Aさんの友人のひとりは、こう憤る。

「北岡は『事業団(グロー)の職員たちが、本当に俺とAが付き合っていると思って聞いてくるんだよ。俺は付き合ってもいないのに、Aとの噂をたてられ損しているから、1回くらいやらせてほしい』と話していました。これが人権や人間の尊厳と向き合う社会福祉法人の代表かと思うと暗澹たる気持ちになりました」

「北岡さんの指示は絶対。それに従うように」

 Aさんだけでなく、北岡氏の日常的なセクハラ、パワハラの言動に嫌気が差し、愛成会の理事や上司に相談を持ち込んだ人は多数いる。しかし、部下がそう訴えても、「北岡さんの指示は絶対なので、その指示に従うように」と言われて無視され続けてきた。井上理事長もその1人だった。

 2018年8月。Aさんに転機が訪れる。東京・中野で行われた飲み会で、会計をしている時に突然、北岡氏が胸を触ってきた。「やめてください」と強い口調で言ったが、「いいじゃないか」とさらに触ってきた。Aさんが「本当にやめてください」と語気を強めると、北岡氏は渋々、その手をひっこめた。

 Aさんは我慢の限界だった。人をまるでモノのように扱い、対等な人間としての人権や人格、尊厳を軽視する振る舞いを許せなくなったのだ。その年、世界を席巻していたのが「#MeToo運動」だった。これまで性的被害に遭いながらも、声をあげることができなかった人々が、SNSを通じて被害を告白しはじめたのだ。

 そして翌年9月26日、Aさんは意を決して一連の性暴力に関して、メールで北岡氏に謝罪を要求した。すると、すぐに返信があった。「謝罪したい」。Aさんは北岡氏が謝る姿勢を見せたことに正直、驚いたという。

 翌日、Aさんが指定した喫茶店の個室に、北岡氏は30分、遅刻してきた。その姿は肩をすぼめた自信のない子どものようだった。北岡氏は入ってくるなり、「これまでのことは水に流してくれ」と切り出した。この時のやりとりが音声記録に残されている。要約するとこうなる。

「セクハラは自分の個性であり、また言うかもしれない」

「これまで自分はセクハラ的なことは注意されていない。周囲は自分の話を愉しそうに聞いている。セクハラは自分の個性であり、気をつけることができないかもしれない。今後は触らないけど、(セクハラ的な発言は)また言うかもしれない」

 Aさんは弁護士に相談。北岡氏に対し「名誉回復のための謝罪」「慰謝料の支払い」「全ての役職を辞める」ことを求める決意をする。そして、「謝罪は受け入れられない」とする旨の内容証明郵便を、弁護士名で送った。すると数日後、思いも寄らぬ返答が北岡氏側の弁護士から伝えられる。Aさんの弁護を担当する笹本法律事務所・笹本潤弁護士は開いた口がふさがらなかった。

「北岡氏の提案は、一連の話を水に流してくれたら、Aさんを愛成会の理事長にする。そして、その後に自分は理事を辞める、というものでした。耳を疑いました。同時に、北岡氏は愛成会内において本当に権力を持っていて、自由に人事を操れる立場にあるのだと思いました。Aさんに理事長という名誉と地位を与えれば、謝罪も慰謝料も名誉回復も必要ない、という無責任な姿勢にあきれ果てました」

 これから数か月後に北岡氏は愛成会から姿を消す。時を同じくしてフェイスブックも閉鎖。本拠地である「グロー」の事務所にも顔を出す回数が減っていく。周囲には「親の介護」を理由に実家である福岡・大牟田に通っていると説明していた。

 Aさんは、愛成会の幹部女性や職員といっしょに、「愛成会からハラスメントをなくす会」を立ち上げ、法人内での体制改革に取り組んでいる。

北岡氏本人は公に姿を見せず…

 もう一度、冒頭の愛成会の井上庸一理事長の発言を思い出して欲しい。表に出てこない北岡氏に代わり愛成会の代表者として事実確認を求めた際、井上氏は電話で「細かく知っています」「お詫びしないといけないと思う」「本人がきちんと謝っています」など、事実上、北岡氏の疑惑を認めている。

 その一方、被害を訴えているAさんに対しては「勘違いですね」「デマだ」「意味不明なことをしている」などと発言。自身が代表の社会福祉法人で発生した性暴力疑惑を調査し、被害者救済に努めるどころか、「あれはセクハラでも何でもない。男性の生理現象なんです」という支離滅裂な論理を展開し、一方的に北岡氏を擁護し続けている。

 北岡氏本人はこの疑惑にどう答えるのだろうか。事実確認をすべく、今月初旬、北岡氏の本拠地である滋賀県近江八幡市へ。その際には、グロー本部を訪問し、一連の疑惑に対する質問状を北岡氏とグローに提出したが、回答期限を過ぎても連絡はなかった。

 その後もグロー本部や当人の自宅、実家を訪問するなど、再三にわたり連絡をとり続けているが未だに返答はない。

 だが、なぜ北岡氏という人物は福祉の世界でこれほどの権力を持つことができたのだろうか?(続く)

セクハラ訴訟“福祉のドン”はなぜ権力を持てたのか? 背景にある「有力政治家」との蜜月 へ続く

(中原 一歩)