秋田県で梅毒患者が急増 恋人や配偶者などが風俗を利用していたケースも

ざっくり言うと

  • 秋田県内で手足口病などのウイルス性の夏風邪が激減していたことが分かった
  • 一方、性感染症の梅毒の患者は急増しており、2020年の患者数は前年の2倍超
  • ある病院では恋人や配偶者などが性風俗店を利用していた患者が8割に上った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x