へずまりゅうがツイッター更新

写真拡大

衣料品店への威力業務妨害などの疑いで大阪府警に逮捕される騒動を起こしていたユーチューバーの「へずまりゅう」は2020年10月22日、自身のツイッターを更新した。

7月には愛知県警に逮捕され、新型コロナウイルスにも感染したへずまりゅう。数々の騒動を経た自身の「現状」について「食べた物を毎回吐く」「一日でも早く社会貢献したい」と報告している。

「身体を悪くしたから治療しちょる」

「今日変な奴に逆凸されたから明かす 今は身体を悪くしたから治療しちょる」

10月22日夜、へずまりゅうは自身のツイッターを更新した。投稿には自身とみられる男性の姿を写した写真が添付されていた。男性の髪はボサボサで、どこか虚ろな表情をしている。

YouTubeなどでの配信活動を通じて様々な迷惑行為を行ってきたへずまりゅう。7月11日には、5月に愛知県のスーパーで魚の切り身を購入前に食べたとして、窃盗の疑いで愛知県警に逮捕された。

7月17日には山口県・村岡嗣政知事の会見で新型コロナウイルスへの感染が明らかになった。その際、7月上旬から咳などの症状が出ながらもマスクをつけず、一方的に面識のない人物に接触する「凸行為」(突撃行為)を繰り返していたことがメディアで取り上げられ、批判を集めた。

10月16日には、5月に大阪のアパレル店の店員に対し、店の商品が偽物だと主張、罵声を浴びせたとして、威力業務妨害と信用毀損の疑いで大阪府警に逮捕された。

批判には「俺がしたことやから」

へずまりゅうは自身のツイッターに寄せられたメッセージを報告。DMで自身に「死ね」などの言葉を浴びせたユーザーに対しては、「俺は死ねと頑張れと言う言葉が好かんのじゃあ!」とコメント。当該ユーザーからはブロックされていることを伝えた。ただ、「嬉しい内容もたくさん来てたし元気出たよ 悲しい内容もあったけど俺がしたことやから でも誹謗中傷には皆んな気をつけオラ」と自身の行為が批判に晒された事実を受け入れる一幕もあった。

へずまりゅうは「逆に心配させたみたいなので分かりやすく説明します」と、自身の現状について以下の4点を語った。

「食べた物を毎回吐くので胃液で肺を痛めて吐血する状態」
「様々な条件があるから完全に自由になった訳ではない」
「事件や捜査関係については一切話したらダメなので全てが終わり次第説明する」
「今は身体を治したいし一日でも早く社会貢献したい」

同郷・田村淳の動画投稿に反応

この日、へずまりゅうがツイッターを更新する前には、同じ山口県出身でタレントの田村淳さんが「へずまりゅう容疑者について...。」と題した動画をYouTubeで投稿していた。へずまりゅうの行為に対し「迷惑をかけて成り上がっていくというストーリーを認めるべきではない」と批判する一方で、「違う形で面白いエンターテインメントをやるときには僕も見に行って応援したい」と思いやるコメントも残していた。

動画を投稿した田村さんのツイッターアカウントに対し、へずまりゅうは「あなたの言葉は届いていますよ 去年自分が無名だった頃から毎日動画見てましたから。自分のせいで山口県を汚してしまい申し訳ございませんでした」と謝罪のリプライを送った。

逆に心配させたみたいなので分かりやすく説明します。/べた物を毎回吐くので胃液で肺を痛めて吐血する状態⇒諭垢幣魴錣あるから完全に自由になった訳ではない事件や捜査関係については一切話したらダメなので全てが終わり次第説明するずは身体を治したいし一日でも早く社会貢献したい

- へずまりゅう@銀太は親友 (@hezuruy) October 22, 2020