札幌市の女児衰弱死、大腸から綿ごみや毛 飢えて口にした可能性

ざっくり言うと

  • 札幌市で2019年6月に、当時2歳の女児が衰弱死した事件
  • 傷害致死などの罪に問われた母親の交際相手の裁判員裁判公判が2日にあった
  • 女児の大腸からは綿ごみや毛が見つかり、飢えて口にした可能性があったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x