モバイルバッテリーにもなるイヤホン! 最大10時間再生も可能な高コスパな完全ワイヤレス

写真拡大 (全3枚)

スマートフォンで音楽を楽しむにはイヤホンが必須です。イヤホンの中でも、ケーブルレスで取り回しのしやすい完全ワイヤレスが今、人気になっています。

完全ワイヤレスであれば、ケーブルをまとめることや、マスクをしたままでの利用もできるので、使い勝手は大きく上がります。
一方、デメリットとしては、バッテリーで駆動するため利用できる時間が限られていることや、左右でイヤホンが別れているため装着の不安定さや、紛失の心配があることです。

この完全ワイヤレスのデメリットをカバーしながら、リーズナブルな価格に抑えたイヤホン「cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1(以下、CHE-627)」がリリースされました。

CHE-627は、最大約10時間の連続再生が可能なため、通常利用ではバッテリー切れの心配がありません。充電ケースでは約18回の充電が可能なため、繰り返し充電では最大約180時間の再生が可能となります。これなら長期の旅行でも安心です。
また、イヤホン本体にサポートホルダーが付いているため、安定して装着することができます。イヤーピースも5種(SSS/SS/S/M/L)同梱されているため、装着感もより高めることもできます。

またユニークな特徴としては、充電ケースにモバイルバッテリーの機能が搭載されています。出力5V/1A、容量2200mAhで、USB-Aポートを経由してスマートフォンなど充電が可能です。それほど容量は大きくないため、スマートフォンをフル充電するのは難しいのですが、緊急時のバッテリー補給用としては十分な容量となっています。
そのほか、CVC8.0の通話中ノイズキャンセリング機能、AAC・aptX2つのコーデックに対応、IPX5レベルの防水性能など、完全ワイヤレスとしての十分な性能を持っています。

CHE-627のサンプル製品をティ・アール・エイ株式会社よりお借りしましたので、写真で紹介します。


同梱物


CHE-627を充電ケースにて充電している様子


充電ケースのモバイルバッテリー機能にてスマートフォンを充電している様子


ハイエンド機種に搭載されているノイズキャンセリング機能は非搭載(CHE-627に搭載されているのは通話用ノイズキャンセリングのみ)ではありますが、完全ワイヤレスとしての機能は充実しています。
実際に利用してみると、接続も安定しています。音質が軽めのため、音楽アプリなどで音質を調整する、イヤーピースをサードパーティの製品に交換するなど、工夫することもできます。

手軽に高機能な完全ワイヤレスを試したい方にもCHE-627はお勧めです。
執筆 伊藤浩一