1億年前の恐竜が食べた「最後のえさ」が判明 胃の分析で植物の痕跡確認

ざっくり言うと

  • 約1億年前に生息した恐竜の、保存状態の良い化石がカナダで見つかった
  • 胃の分析により、最後に食べたと思われるえさの内容が明らかになった
  • 研究者によると、シダ植物などの痕跡が化石となって保存されていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x