野村克也氏と妻の沙知代さん

写真拡大

“女性関係”で南海と決別

 2月11日、プロ野球に大きな足跡を残した野村克也氏(1935〜2020)が死去した。そのため3年前に先立った妻の沙知代さん(1932〜2017)との夫婦関係に、再び高い関心が集まっているようだ。

 ***

【野村克也さん】選手の心に突き刺さった「殺し文句」 とは?

 翌12日の朝日新聞を見てみよう。最初は天声人語だ。この日のタイトルは「ノムさん逝く」。野村夫妻に触れた部分を引用させていただく。

《後半生を支えたのは、サッチーこと妻の沙知代さん。ときに波乱はあったが、互いの信頼は生涯揺るがなかった。「夫婦円満の秘訣(ひけつ)は一緒にいないこと」「妻が強い家庭はうまく行く」。味わい深い夫婦論が残された》

 加えて第1社会面には「ノムさん、理論も情も ぼやき、励まし、輝いた『月見草』 野村克也さん死去」と題する評伝を掲載した。記者の署名入り原稿だ。

野村克也氏と妻の沙知代さん

《17年末、沙知代夫人を亡くした際の表情は、やつれきっていた。夫妻ともに死因は虚血性心不全。「野村克也引く野球がゼロなら、野村克也引く沙知代もまたゼロ」と語るほど愛していた伴侶の後を追うように、旅立った》(註:引用時にデイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)

 野村夫妻を考える際、絶対に欠かせない施設が、大阪市浪速区の「なんばパークス」にある。

 この「なんばパークス」は、プロ野球チームの南海(現:福岡ソフトバンクホークス)の本拠地だった大阪球場跡地に建設された複合施設だ。9階に「南海ホークスメモリアルギャラリー」が開設されている。

 南海は1938年に誕生し、88年にダイエーへ球団を売却して歴史の幕を下ろした。それから30年を超える歳月が流れた。

 南海を知らないプロ野球ファンは増える一方だろう。しかし、選手としての野村克也氏と言えば、やはり“南海の野村”なのだ。

 野村克也氏は54年、契約金0円のテスト生として南海に入団した。1年目は9試合で11打数無安打に終わり、戦力外通告を受けた。だが「クビになるなら南海電鉄に飛び込んで自殺します」と必死に訴えて残留を勝ち取った。

 2年目から科学的なトレーニングに注目、「頭で考えながらの猛練習」を科すと2軍で
頭角を現した。3年目の56年に正捕手として一軍に定着。翌57年に本塁打王のタイトルを獲得し、65年には戦後初の三冠王に輝いた。

沙知代夫人との交際を球団が問題視

 69年には34歳の若さで監督に就任。4番のキャッチャーとして試合に出場しながらチームの指揮を取った。73年にはパリーグを制したが、日本シリーズでは巨人のV9を許した。

 いわゆる“プレイング・マネージャー”として70年から77年までの8シーズンを戦った。リーグ優勝は73年の1回だけだったが、2位が3回、3位が2回と、6回もAクラス入りを果たした。この頃から“名将”だったのだ。

 あと一歩のところで泣かされ続けたのは、阪急(現:オリックス)の黄金期と重なったからだろう。同じ70年から77年まで、何と5回もパリーグを制している。

 野村氏は54年から77年までの23年間、南海に在籍した。これほどチームに貢献しながら、「南海ホークスメモリアルギャラリー」に野村氏の写真は1枚も飾られていない。

 それどころかギャラリーに掲示されている球団の年表には、野村氏の名前さえ記されていないのだ。これは異常事態だと言えるだろう。プロ野球担当の記者が指摘する。

「野村さんが亡くなられて、監督を務めたヤクルトや楽天では献花台が設けられました。ヤクルトには2日間で約8700人のファンが駆け付けたそうです。ところがメモリアルギャラリーに献花台が用意されることはありませんでした。大阪にはまだまだ南海を愛するファンが少なくありません。『献花台くらいは用意してもいいのでは』という声も上がっています」

 週刊新潮がギャラリーに事情を訊くと、次のような回答があった。

「このギャラリーを作る際に、野村さんにはお名前を出していいか確認したのですが、残念ながら拒否されました。ですから当施設としては献花台の設置はしておりません。お花を持ってきたファンがいるかどうかも、こちらでは把握していません」

 野村氏が協力を拒否していた――驚いた方もおられるだろう。この理由について、意外なことにウィキペディアの「野村克也」に詳細な記述がある。ご紹介しよう。

《このような展示に至った理由は、メモリアルギャラリーの建設に際して南海電鉄から本人宅へ連絡があったにもかかわらず、プレイイングマネジャー時代の解任劇を根に持っている沙知代夫人が名前や写真の掲載を一切拒否したことにある。この件については、往年のファンから、夫人宛てに抗議の電話が殺到したという》

 野村氏は沙知代夫人との交際が発端となって、南海と泥沼の対立関係に陥ったことがある。それが解任劇にもつながった。

 当時の2人は今で言う“ダブル不倫”“だった。週刊新潮は2017年12月、「『略奪婚』に骨肉の争い!死してなお恐ろし『サッチー』猛女伝説」の記事を掲載した。内容をご紹介しよう。

《1977年、克也氏が南海ホークスの選手兼任監督を解任された年のことだが、

「沙知代さんは、選手やコーチを乗せて球場へ向かうチームバスに勝手に乗り込んだり、3番を打っていた門田博光らに”野村の方針に文句を言うな””文句を言うなら試合で使わないわよ”と、直接電話したりしていて、公私混同が甚だしかったんです」

と、スポーツジャーナリストの吉見健明氏》

沙知代夫人は盗聴器の使用を夫に提案

 週刊新潮の引用を続ける。

《のちの監督、広瀬叔功(よしのり)氏も、

「彼女が練習場に子供を二人連れてきていたので、それはやめてくれと直接言いましたね。やはり南海のプレーヤーが試合前の調整をしているわけですから」

 と言う。さらに問題なことに、このときサッチーは克也氏の愛人にすぎなかった。ダブル不倫の末、サッチーはすでに73年に克則氏を出産していたが、克也氏の離婚が78年まで成立せず、二人が結婚したのはその後なのだ。

 72年から75年まで南海に在籍した江本孟紀氏も、

「僕がいた当時も沙知代さんは球場に顔を出して、選手の髪型や服装を注意することはありましたが、僕が出てから、球団や親会社と揉めはじめたと聞いています。江夏豊らが入団した76年ごろからですかね」

 と証言。ふたたび吉見氏の話にもどると、

「野村監督の後援者だった比叡山の阿闍梨も、沙知代さんを紹介されて”監督を続けるために別れなさい”と忠告し、野村さんを崇拝していた川勝傳(でん)オーナーも、どうすれば別れさせられるか、と頭を抱えていました。結局、どうにもできなくなって匙を投げ、スポニチの記者だった私はそれを聞いて”野村監督解任”のスクープを打ったんです」》

 沙知代夫人は2001年12月、法人税と所得税あわせて2億1,300万円を脱税したとして、法人税法違反(脱税)などの疑いで東京地検特捜部に逮捕された。このため当時は阪神で監督を務めていた野村氏も辞任を発表した。

 週刊新潮にコメントを寄せた吉見健明氏は、この時、スポーツニッポンに「【野村解任 点と線】夫人転落で再び 24年前は“公私混同”で…」の記事を執筆した。ここからも一部を引用させていただく。

《南海時代の更迭劇は76年、阪神にトレードされた江本が「このままでは南海が崩壊する」と危機感を訴えたのが発端だった。当時の野村監督はまだ前夫人との離婚が成立していなかった。いわば沙知代夫人は愛人の立場だった。

 沙知代夫人のチームへの介入は全選手の反発を買っていた。試合前の大阪球場で高畠打撃コーチに対して2人の子供、ダンとケニーに野球を教えるように指令したり、選手専用バスに乗り込むなど“公私混同”は日常茶飯事だった。選手ロッカーに盗聴器を忍ばせることを提案、造反選手に直接電話を入れて「監督の言うことを聞かないと使わないわよ」と“助監督”ぶりも発揮した》

 野村氏と沙知代夫人の出会いは1970年とされ、ほどなくして愛人関係になったと言われている。

野村氏を諫めると、江本氏は阪神へトレード

 週刊新潮の記事にもあるが、配偶者と離婚したのは沙知代夫人の方が早くて76年のことだった。野村氏は78年の1月に成立し、同年4月に2人は再婚した。

 スポーツニッポンの記事でも言及された江本孟紀氏(72)だが、他に2人の選手と共に75年、選手側代表として野村監督に面会している。

 その場で3人は「公私混同」――つまり沙知代夫人がチームに介入してくることを止めるよう求めた。改めて江本氏に取材を依頼した。

「僕自身は沙知代夫人から直接の被害を受けたことはありません。ただ、一部の選手が被害を訴え、選手会としても看過できない状態になりました。何より問題だったのが、チーム内部がどんどん白けたムードになっていったんですね。これはなんとかしなければならないと、野村さんに会って改善を求めたのは事実です」

 一般的には、これで江本氏は野村監督の不興を買い、12月のトレードで阪神に“放出”されたことになっている。だが、江本氏は明確な因果関係を否定する。

「3人で直訴しましたが、その中にはトレードに出されなかった選手もいます。沙知代さんとの問題とは何の関係もなく、単に僕が南海では必要のない選手だと判断された可能性もあります」

 そんな江本氏、実は以前から「メモリアルギャラリー」の状況を把握し、「野村さんの記述がないのはおかしい」と疑問を抱いていたという。

「数年前、野村さんに『名前や写真を出してもらいましょうよ』と持ちかけると、まんざらでもなさそうな表情でした。ところがしばらくすると、『南海が俺の写真や名前を使わないと言ってきたそうだぞ』と仰るんですね。それならば、と南海さんとも話し合いの場を作ってもらったのですが、南海さんは『野村さん側がお断りになられました』と平行線でした」

 江本氏には忘れられない光景がある。2018年2月、宮崎で巨人と“ホークス”、つまり南海、福岡ダイエー、そしてソフトバンクのOB戦が開催された時のものだ。

 野村氏だけでなく、長嶋茂雄氏(84)も王貞治氏(79)という巨人側のスターOBも駆け付けたため、大変な話題となったイベントだ。この試合には江本氏も南海OBとして参加した。

「ホークス側のベンチに行くと、実態はほぼ、ダイエーとソフトバンクのOBチームなんですよ。南海の関係者は少なかった。野村さんもベンチの端でぽつんと座っているから、声を掛けたんです。すると何人かの南海OBを『挨拶に来なかった』と批判を始めたので、『野村さんは南海で嫌われているんですから、挨拶に来るわけないでしょう』と言ったら苦笑していましたね」

 南海が身売りをしてしまったことも、“関係修復”を難しくした一因かもしれない。野村氏と南海を繋ぐ人脈が失われてしまったのは間違いない。

 しかしながら江本氏は、一度は橋渡しに奔走した人間として、「関係修復は、やはり夢物語だったんでしょう」と振り返る。

「関係修復は夢物語」

 江本氏が指摘するのは、南海の黄金期を築いた鶴岡一人監督(1916〜2000)と、野村氏との確執だ。

 鶴岡監督は選手兼監督だった時代も含めると、1946年から68年まで南海の指揮を取った。そして通算1773勝は今でもプロ野球史上最多勝監督の記録として輝く。

 野村氏がテスト生から一流選手として花開いたのは鶴岡監督の時代だ。どう考えても文字通りの師弟関係だったはずなのだが、野村氏が現役時代から2人に確執があったとする説は少なくない。

 スポーツ報知は2000年3月、「鶴岡一人氏死去 阪神・野村克也監督追放劇の真相ヤミの中」との記事を掲載した。まずは冒頭を引用させていただく。

《40年以上も続いた男と男の確執に、静かに幕が降りた。鶴岡一人氏(83)が死去した7日、阪神・野村克也監督(64)はコメントを広報担当に託して口を開こうとしなかった》

 あれほどマスコミの取材を嫌がらなかった野村氏が、コメントしか出さないというのは極めて珍しい。南海との確執が生まれた背景について指摘した、記事の重要なポイントをいくつかご紹介する。

《9月28日に南海球団から「監督解任」の通告を受けていた。まだ籍を入れないまま、サッチーこと沙知代さん(現夫人)と同居中で、解任の理由も沙知代さんとの公私混同だった。「野村ろう城」と騒がれた1週間、野村の無念の思いは日に日に鶴岡一人元監督に向けられていく。そして姿を現した10月5日、野村は言った。「スポーツの世界には政治などないと思っていたが、鶴岡元老に吹っ飛ばされた」と》

《三冠王、そして名将にまでになった野村の恩人はまぎれもなく鶴岡氏だった。1954年、テスト生で入団した野村を56年のハワイキャンプに連れていき「収穫は野村だけだった」とその年から正捕手に抜擢する。野村のスターダムへの原点だった。

 野村が南海の兼任監督に就任したとき、表敬訪問してきた野村に「お前みたいなヒヨッ子に監督なんてできるかい」と鶴岡氏が言ったとされ、二人の確執が決定的になった》

 江本氏は野村氏と鶴岡氏の不仲は、野村氏と南海の不仲に重なり合うという。

「野村さんは鶴岡さんに育てられたのは間違いないはずなのに、最後の最後まで徹底して批判的でした。決して許そうとはしなかった。あの頑固な態度を思い出すと、そもそも野村さんは南海と和解し、再び良好な関係を築こうとは考えていなかった。そう思わざるを得ませんね」

本当に“理想の夫婦”なのか?

 産経新聞は19年9月、連載の「虎番疾風録」で野村夫妻をテーマにした。「野村監督は野球より女を取った」が記事の見出しだったのだが、一部を引用させていだこう。

《はるか後年、サンケイスポーツの評論家となった野村は平成27年4月、特集『私の失敗』の中で、当時のことをこう回想している。

『解任の報道が出る少し前、川勝オーナーや森本球団代表、私個人の後援会長、それに何かと応援してくれていた比叡山延暦寺の葉上阿闍梨(あじゃり)とが集まって、私の更迭を決めたらしい。このときオーナーは「何とか続投を」とかばってくれた。だが、ある日、阿闍梨に呼ばれ「このままでは野球ができんようになるぞ。野球を取るか、女を取るか、はっきりせい!」と迫られた。わたしは「女を取ります」と答えた。「仕事はいくらでもあるが、沙知代という女は世界に一人しかいない」と−』

 なんという格好いい宣言だろう。この後、45歳まで現役にこだわり続けた野村だが、この時は「野球」よりも「女」を取ったのである》

 記事にあるように、野村氏が南海ではなく沙知代夫人を選んだからこそ、ミュージアムには名前も写真もないのかもしれない。そんな野村氏を、産経新聞は「格好いい」と評した。

 だが江本氏は、野村夫妻の生き方を、安易に“夫婦愛の美談”とすることには否定的だ。

「お二人が幸せな夫婦だったのは間違いありません。ただし、様々な人々に迷惑をかけたのも事実です。真っ正面から理想の夫婦と褒めるのは少し違和感があります。野村さんも僕の意見に頷いてくれるでしょう。『沙知代は俺じゃないと無理だよ』は口癖でした。あの2人だからこそ成立した夫婦関係なんです」

週刊新潮WEB取材班

2020年2月29日 掲載