リスクモンスターは12月25日、第3回「合コンしたいと思う企業ランキング調査結果を発表した。同調査は、20〜49歳の未婚男女個人900人を対象に実施したもの。

ランキング第1位は「国家公務員」(回答率6.3%)だった。これに、「地方公務員」(同5.8%)、「トヨタ自動車」(同5.1%)、任天堂」(同4.8%)、「グーグル(Google)」、「全日本空輸(ANA)」(同4.7%)が順に続いている。

業種別に見ると、電気機器製造業3社(ソニー、パナソニック、アップル(Apple))やその他製造業5社(トヨタ自動車、任天堂、サントリー、資生堂、ワコール)と、製造業が8社(前回11社)を占め、製造業の人気が顕著に表れた結果となった。

第2回「合コンしたいと思う企業ランキング」調査結果と比較したところ、第1位「国家公務員」、第2位「地方公務員」に変化はなく、「集英社」(前回67位)、「みずほ銀行」(前回61位)、「TBS」(前回52位)など11社が順位を上げたという。

合コンしたいと思う企業のイメージについては、「業績が安定している」(回答率26.8%)が第1位で、これに「真面目な人が多そう」(同24.7%)、「給料が高い」(同20.0%)が続いている。

「合コンしたいと思う企業ランキング」ベスト10 資料:リスクモンスター

第6回「この企業に勤める人と結婚したいランキング」との比較 資料:リスクモンスター