「シャーロック」主演のディーン・フジオカ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 新“月9”ドラマ「シャーロック」(フジテレビ系)がスタート。初回視聴率は12.8%を記録し、好発進した。

描写が物議も…相棒シャブ山シャブ子怪演の江藤あやって?

「『シャーロック・ホームズ』を原作にベテランの井上由美子が脚本を担当。ディーン・フジオカが月9初主演と話題も豊富ですが、初回で目を引いたのはゲストの松本まりかです。勤務先の病院の屋上から転落死した医師の妻役で悲劇のヒロインが一転、徐々に悪女の顔になっていく。鬼気迫る演技は圧巻でした」(ドラマウオッチャー)

 中村倫也の出世作になった「ホリデイラブ」では常軌を逸した不倫妻を演じ、AbemaTV「奪い愛、夏」でも怪演し、クセの強いエキセントリックなオンナをやらせたら右に出る女優はいない。時に甘え声、一変してドSな罵倒という両極端を難なくこなしている。

「憑依(ひょうい)したかのような演技は大竹しのぶを彷彿させ、“令和の大竹しのぶ”になるのではと睨んでいる」(同)

 ソフトバンクのCMでは白戸家のお父さんが松本にメロメロ。スマホにかえるのを面倒がる犬のお父さんがコロッと気が変わって、言いなりになるシーンは笑える。16日スタートの松岡昌宏主演「死役所」(テレビ東京系)にも出演し、黒髪ショートカットのビジュアルが早くも話題に。11月には15年ぶりに写真集「月刊 松本まりか・汀 写真 ND CHOW」(小学館)も発売される。松本まりかから目が離せない。