マリオカートツアー公式サイトより

写真拡大

任天堂とDeNAの最新スマートフォン向けゲーム「マリオカート ツアー」が、スタートダッシュに成功した。

配信開始わずか1日で推計2000万ダウンロード(DL)を突破し、1億円を売り上げた。

過去の任天堂ゲームを大きく超える

2019年9月25日に国内外に配信された「マリオカート ツアー」。マリオたちが世界の都市をモチーフにしたコースを駆けめぐる、"新しいマリオカート"と銘打つ。

アプリストアの調査会社「Sensor Tower」が発表している推計値によると、配信後1日で2000万DL、課金売上約1億円を記録した。

任天堂のその他スマホゲームの配信後1日のDL数は、「スーパーマリオ ラン」が700万、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が180万、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が170万、「ドクターマリオ ワールド」が65万、「ドラガリアロスト」が15万だった(いずれも「Sensor Tower」調べ)。