冷蔵庫から取り出したカチカチのアイス。できれば固すぎず、でも溶けて柔らかくなりすぎず、食べ頃の状態で口にしたいと思ったことはありませんか?

2019年6月15日放送の日常にひそむ素朴な疑問を調査する情報番組「ポルポ」(テレビ朝日系)で、アイスの食べ頃に関する独自調査が行われました。

番組では「ハーゲンダッツ バニラ」「ハーゲンダッツ クッキー&クリーム」「雪見だいふく」「ガリガリ君」の4商品が取り上げられました。

調査でわかった4商品の食べ頃は?

全体がなめらかに

番組では、「温度」「甘み」「食感」の3つの観点から、アイスの食べ頃を調査しました。その結果が以下のとおりです。

「ハーゲンダッツ バニラ」→冷蔵庫に30分置く「ハーゲンダッツ クッキー&クリーム」→冷蔵庫に45分置く「雪見だいふく」→冷蔵庫に15分置く「ガリガリ君」→常温で5分溶かす

記者は「ハーゲンダッツ バニラ」で試してみました。いつもは冷凍庫から取り出して、ややカチカチの状態から食べ始めています。スプーンですくうのには力が入りますが、食べているうちにドロドロになるのが嫌で、無理やりでもスプーンを入れて食べていました。

カチカチの状態

今回は冷凍庫でカチカチにした状態から、冷蔵庫に置いて待ちます。30分後、取り出すと手に持った段階で、柔らかくなっているのが伝わってきます。プラスチックのスプーンでも、指で軽く押す程度の力ですぅっと入りました。

ひと口食べて、「これはうまい!」と感動。なめらかで、あっという間に溶けていきます。バニラのコクと甘みはもちろん健在で、食べやすいのでどんどんスプーンが進みます。外側だけではなく、全体が同じくらいの柔らかさになっているように感じました。

公式おすすめ「ふわとろハーゲンダッツ」

メーカーの公式サイトによると、ハーゲンダッツアイスがカチカチなのは「中に含まれる空気が少なく、密度が高いから」だそう。

公式サイトには、そんなアイスをふんわりとろける食感で味わう「ふわとろハーゲンダッツ」の作り方が掲載されています。

それは、冷凍庫でカチカチに凍らせたアイスを"60分"冷蔵庫で寝かせること。ただ、冷蔵庫の設定温度やフレーバーによって適切な時間は異なるため、40分〜45分経った頃に一度柔らかさを確認するとよいそうです。

冷蔵庫に45分

記者もバニラフレーバーで、まずは45分ごろの状態を確認します。プラスチックのスプーンも簡単に入り、なめらかでクリーミーなアイスです。30分のときとほぼ変わらない印象を受けました。

冷蔵庫に60分

さらに15分冷蔵庫に入れ、計1時間経った状態で食べてみます。クリーミーでおいしいのですが、ちょっととろけすぎたかも...。早く食べ進めないと、完全に溶けてしまいそうです。

今回は記者の場合では、30分〜45分が食べ頃という結果に。みなさんも試してみて。

「ふわとろハーゲンダッツ」の詳細は公式サイトへ。