JAL副操縦士からアルコール検出 乗務を交代していたと判明

ざっくり言うと

  • JAL副操縦士からアルコールが検出され、乗務を交代していたことが分かった
  • JALによると20日、乗務前の検査で0.25mgのアルコールが検出されたという
  • 副操縦士本人からの申告で別の乗務員に交代したため、運航に影響はなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング