企業を「反日認定」して嫌がらせをする人たちがいる。ネット上のデマを信じ、SNSでの誹謗中傷や嫌がらせの電話を繰り返すのだ。長年そのターゲットとなっているのが、孫正義氏とソフトバンクグループである。昨年の通信障害騒動で蒸し返された「白い犬の妄想」について、評論家の古谷経衡氏は「ゼロ年代からの『ネトウヨあるある』だ」と指摘する――。
2019年2月16日、第3四半期の決算説明会で話す孫正義ソフトバンクグループ会長兼社長(写真=時事通信フォト)

■「ソフトバンクは反日企業」というツイート

昨年10月17日付の日本経済新聞の名物コラムに、「孫正義氏を経団連会長に」という記事が載った。単なる推薦記事なので「待望論」の一種だが、実現すれば快挙だ。孫氏はソフトバンクグループの総帥として、常に日本のIT業界をリードし、日本のブロードバンド普及の立役者であり続けている。

しかしソフトバンクに対する論評は必ずしも順風のモノだけではない。昨年12月19日、東証1部に上場したソフトバンクは「平成最後の大型IPO」と期待されたが、設定価格1,500円を下回る状態が続いており、2019年1月23日現在でも1,500円を一度も上回っておらず、個人投資家の中では失望感が肥大している。

加えてソフトバンクの上場に前後する昨年12月6日、ソフトバンクの通信障害が起こった。大手キャリアで通話・通信が不可能になるという事態は大混乱を招き、ネット上では不便さに喘ぐ声があふれた。障害を受けて解約者も多数現れたという。通信会社が通信で不具合を起こしたのだから、批判も解約も当然であろう。

ネットでは時を同じくして、ネトウヨによる「ソフトバンクは反日企業だ」というツイートが盛んに流れた。そのツイートの数々に私は頭を抱えてしまった。そこにはソフトバンク、そして孫正義氏に対する陰謀論、今回紹介する「白い犬の妄想」、つまりデマが撒き散らされていたからである。

韓国人への差別的な蔑称とともに、「孫正義は信用できない」と書き連ねるものも多数あった。もちろん経営者として信用できるか否か、ソフトバンクの契約をどうするかは、各人の自由な判断である。しかし、差別的な言説、さらに「明確なデマ」を撒き散らすのは害悪としかいいようがない。

■「韓国の携帯電話会社」という認識

孫氏とソフトバンクグループは、ネット右翼からは長年目の敵とされ、唾棄されてきた。その最大の理由が、孫氏が在日韓国人二世であるという出自を切り取ったものである。孫氏は1990年に日本に帰化して名実ともに日本人同胞となっているが、とにかく在日コリアンと聞いただけで脊髄反射的に憎悪感情に火をともすネット右翼には、この出自だけで孫氏とソフトバンクは呪詛の対象でありつづけるのである。

結局ネット右翼の攻撃対象は、後天的に帰化しようと日本社会に幾ら貢献しようと、その父祖が朝鮮半島に由来を持つ、というだけでNOなのであり、何の思想性もない。よってそこに主義=イズムなんというたいそうなモノなど一切無いのである。

私の知るあるネット右翼は、ソフトバンクの携帯に加入しないよう、既にソフトバンクと契約のある友人や知人に解約と「国産キャリアへの乗り換え」を推奨する運動を私的に行っている、と豪語していた。

彼女の頭の中では、ソフトバンクは「国産キャリア」ではなく「韓国の携帯電話会社」という認識であり、KDDI(au)とNTTドコモだけが民族キャリアだというのだから噴飯モノである。こういった話は、私の周囲に一人、二人といたのではなく、何十人も「孫正義が在日韓国人で帰化人だから」という理由だけで、「携帯電話はソフトバンク以外のキャリアを使用する」という私的運動を展開していたものに遭遇したことがあった。

ネット右翼の中には、韓国発祥の企業という理由でLINEを使わなかったり、ロッテやロッテリアのものを食べない、と公言したりするものも稀にいる。個人的に不買、不使用を貫くのは、ソフトバンクを使わないこともふくめてもちろん勝手だが、ネットに公で、不当に中傷することは、当該企業に対する深刻な営業妨害と言ってもいいだろう。

このように異常なネット右翼の「ソフトバンク忌避運動」は、ゼロ年代からかなり濃密にこの界隈で見ることのできる「ネトウヨあるある」のひとつである。

■「白い犬の妄想」という噴飯もののデマ

さて、ソフトバンクへの不当な中傷の中でも特に噴飯物であるのが、「白い犬の妄想」という完全なるデマである。「白い犬の妄想」とは何かというと、それはソフトバンクがテレビCM上で現在でもマスコットとして使用している白い秋田犬「カイくん」が、日本人への侮蔑を意図として製作された巧妙な反日プロパガンダである、という何の根拠も無い言いがかりである。

ソフトバンクのCMでは、「白戸家」という架空の家族が登場し、娘役を上戸彩、お母さん役を樋口可南子、兄役をなぜか黒人のダンテ・カーヴァーが扮する。そして極めつけはお父さんが犬(CV.北大路欣也)になっている。この真っ白な北海道犬がアテレコでいろいろとしゃべったりする。実にかわいらしいCM(2009年に、クリエイター・オブ・イヤー賞を受賞)だが、これが韓国に出自を持つ孫正義氏と、氏が経営するソフトバンクが、巧妙に仕掛けた反日プロパガンダであるというのだ。

2010年8月号の右派系雑誌『月刊 Will』では、保守系ネット放送局代表の水島総氏が、こんなトンデモ論とデマを平然と自称論壇誌に寄稿しているのでその全文を引用する。

(ソフトバンク)代表の孫正義氏は在日韓国人として産まれ、後に日本に帰化した立身伝中の人物で或る。ソフトバンクのTVコマーシャルについて、対馬在住の人から興味深い話を聞いた。(※1)日本人はあのコマーシャルを観て笑ってるが、南北朝鮮人はもっと大笑いをしている。ただし、彼らの笑いは「嘲笑」だというのである。

(中略)南北朝鮮人にとって、犬が演じる「日本のお父さん」は、「犬野郎」という侮蔑を意味しており、「犬の子(ケッセキ)という言葉は、最大の侮蔑を表現する朝鮮語なのである。また、韓国人の黒人に対する差別意識の凄まじさは、世界的に有名である。(※2)

 それに気づかず、このコマーシャルを観て喜んで観ている日本人たちは、それこそ侮蔑と嘲笑の的なのである。在日韓国人で帰化した孫正義氏が、「犬」の意味を知らぬはずがない。(※3)家族が日本人から民族差別を受けたと話したことのある孫氏にとって、このCMは日本人社会への侮蔑と嘲りの秘かな「復讐」メッセージだと言っても良い。(※4)

 ソフトバンクは在日朝鮮韓国人に限り、モバイル料金を日本人より安くしている。(※5)これも孫氏の在日同胞への共感と反日侮日の想いの表れなのだろう。(前掲書、『ソフトバンクCM「お父さん犬」に隠された侮日工作の意図』P.135)

続いて同2010年10月号の『月刊 Will』では、またも水島氏が同じ調子で8月号の記事を次のように補強しているので引用する。

朝鮮半島では他人を犬に例えたり、犬呼ばわりすることは、殺されても仕方ない最大の侮辱行為であり(※6)、犬のお父さんCMを観て喜ぶ朝鮮、韓国の人々は、日本を嘲笑している―(後略、後に水島は、自身の番組でこの部分を犬のお父さんCMを観て喜ぶ日本人を、朝鮮・韓国の人々は嘲笑している、との誤りであったと訂正している、前掲書『ソフトバンクCM「国境なき世界」を望む孫正義』P.134)。

■「作文」の間違いを点検する

この水島による「作文」は、何から何までデマであり間違いである。引用内米印を1‐6の順番に点検していくと、

▼※1
そもそもこの「作文」の内容の根拠は、対馬在住の日本人からの伝聞に基づいていて何ら証拠になっていないということ

▼※2
韓国人が黒人に対して差別的だと言うが、仁川や金浦空港からソウル市内に入って仕事や観光をしたりする黒色人種は韓国に行けば分かるが、普通に存在する。また韓国内に於いて黒人に対する憎悪犯罪を少なくとも私は聞いたことがない。

▼※3
在日韓国人で帰化しているといっても、韓国語の読み書きができず、発声やヒヤリングもできない二世、三世はもはや大多数であり、彼らの生活様式は日本人のそれと何ら変わらない。

▼※4
そもそもなぜ、自社の携帯電話の加入を勧奨し、何億円も投じて放送されるテレビCMに、わざわざ「反日的復讐の隠されたメッセージ」をソフトバンク社が混入させるのか、意味が分からない。そんな迂遠な方法で日本を呪詛する意図を、たった数十秒のCMに込める意味は何なのか、全く合理的な説明や根拠がない。完全な妄想である。

▼※5
ソフトバンクは在日朝鮮韓国人に限り、モバイル料金を日本人より安くしている、という事実は存在していない。その代わり、KDDIやドコモと同様、身体障害者手帳、精神障害者手帳保有者に対して「ハート割り」を実施している。はからずも筆者はこれで月1,500円くらい安くしてもらっている。

▼※6
たしかに、韓国には「ケセッキ」という言葉がある。日本語に訳すと「犬野郎」という意味で、人を罵る言葉であることに違いはない。しかし、韓国の知人に尋ねたところ、「そのまま、日本で言う犬野郎と同じ意味です。それで殺されるとか侮辱とか、言い過ぎもいいところです」と苦笑いしていた。私も何度も渡韓経験があるが、日本と同じく韓国でも、他人に対する最大の侮辱は「死ね」とか「うんこ野郎」とかであろう。

■何から何までオカルト的妄想、もはやSF

水島の、私個人がたたき斬るならば「妄想」と表現するべき、誤謬に満ちたこの「作文」が、「日本を侮辱する隠れた意図を有するものである」という被害者意識へと転換したかどうかは定かではない。どちらが鶏か卵か、今となっては判決のしようがないのだ。しかしこの「作文」は、この時代、すなわち2010年当時のネット右翼界隈に於けるソフトバンクへの態度(アティチュード)を端的に現しているモノとして最も興味深い考察であると言える。実際、この水島の虚妄に代表されるような「白い犬の妄想」は、概ね2008年頃を皮切りに概ね2011年頃まで、ネット上で大きく拡散していった。

孫正義=在日韓国人(帰化人)、その孫正義が経営するソフトバンク=反日という単純な図式のみが一人歩きし、巨大な妄想となってネット右翼界隈を席巻した。しかしこのソフトバンクCMは、この時期、長年にわたりCM好感度1位を独占していたのである。孫正義がこの数十秒のCMの中に仮に“「復讐」メッセージ”を混入したとして、実際には圧倒的多数の視聴者が、それとは裏腹にこのCMに手放しの好感を抱いているのである。そしてなぜ直球ではなく、サブリミナル的に「復讐のメッセージ」を巨額のCM費用を投じて投入するのか、その意味が皆目分からない。

そして「これは侮日CMである」とする根拠の全てが、直接韓国に渡韓した上での取材ではなく、繰り返すように「対馬在住の日本人から聞いた」という伝聞「のみ」に依拠しているのである。どうせ虚妄を吐くのなら、現地取材くらいしてはどうか。そもそも、世界で最も閉鎖的な「北朝鮮」の人民が、ソフトバンクのCMをどうやって入手し、嘲笑しているのか、なぜ対馬在住の市井の日本人が熟知しているのだろうか。何から何までオカルト的妄想であり、もはやSFの類いである。

■CMプランナーが犬を好きなだけだった

2007年の段階で、このCMを手がけたCMプランナーの澤本嘉光氏(1966年、長崎県生まれ。1990年に電通に入社)が、毎日新聞のインタビューにこう答えていることで、この「白い犬の妄想」はすでに解決済みであった。

<お母さん、息子、娘は人間なのに、お父さんはなぜか犬。奇想天外な家族の設定で人気のソフトバンクモバイルのCM「白戸家」シリーズを手がけた澤本さん。お父さん犬は、娘に「なぜ犬なの?」と尋ねられても、「お前にはまだ早い!」と一喝する。「深くは考えなかったけど、犬は説教したり相談相手になってくれる気がして。お父さんが犬だったらいいなと思った」と澤本さん。何となく、納得してしまった。(私と犬の約束:CMプランナー・澤本嘉光さん)(中略)澤本さんの心に残る一匹は雑種のベル。子どものころ、毎夏訪れた北海道余市町の母の実家で飼われていた。「久しぶりに会うとほえて。でも、すぐに思い出し、クゥンクゥン鼻を鳴らして喜んでくれた」と振り返る。餌やりや犬小屋の掃除は澤本少年の役目。散歩が大好きで、握った鎖を引っ張って駆け回った。怒られたり、寂しくなると、ベルの頭をなでた。夏休み中「1カ月だけの飼い主」だったが、「ベルが忘れられないのは、会えなかった11カ月の間、深い喪失感を感じていたからかもしれません」。>
(「毎日新聞」2007年11月14日付より)

と語っている。幼少時代に大好きだった犬の残像をCMで使ったと告白しているのである。つまり澤本氏は犬が好きで、その嗜好をしてCMにも犬を起用した。それがたまたま大ヒットした――、という身も蓋もない展開なのである。「韓国」も「反日」も「朝鮮半島での侮蔑」も全く何の関係もない。まさに「白い犬の妄想」こそが、ネット右翼から沸き起こったいわれなきソフトバンクへの呪詛と攻撃であった。ここまでくると完全に意図した伝説、陰謀論の類いである。

■ネット右翼の構成は常に入れ替わっている

ネット右翼は、その総数約200万〜250万人(古谷経衡「『ネット右翼』は日本に何万人いるのかを測る、ひとつの試み」)。しかしその構成は、惑星の大気循環のごとく常に入れ替わっている。すなわち、2009年〜2011年当時の事を知るネット右翼は、ネット右翼から離脱しているか、少なくともネット右翼の前衛としての機能を有してはいない。

よって現在、ネット右翼の中で「白い犬妄想」は過去のモノとして忘れ去られ、「ソフトバンク忌避運動」というものを見聞することはほとんど無くなった。

そもそも、ネット右翼の「ソフトバンク忌避運動」に具体的効果があったのかというと全く疑問である。

TAC(一般社団法人 電気通信事業者協会)によると、2008年12月末のソフトバンク契約数は約1,999万。それが、4年後の2012年12月末には約3,132万回線と1.5倍になっている。ちなみに最新データ(2018年12月末)におけるソフトバンクの契約数は約4,084万。

このように順調に契約数は延びているし、もし200万ネット右翼の半分の100万人=100万契約が不買(非契約)運動をしたとしても、それはたかだか総契約数の2.5%程度にすぎないのである。

■ネット右翼も「乗り換えていない」

ところが冒頭にあげたネット右翼の「ソフトバンク忌避運動」は、正しく「言うは易く行うは難し」の典型であり、客観的に見て明らかにネット右翼でありながら、そして「ソフトバンク忌避運動」の最中にありながら、なかなかソフトバンクから他の国産キャリアに乗り換えるのを躊躇するネット右翼が、実際には大勢いたのである。なぜかというと、携帯電話のキャリア移動の手続きが面倒くさかったり、契約してまもなくで解約金を払わなければならなかったりと、理由は千差万別である。

その時代はまだLINEでのやりとりが普及しておらず、ケータイのメールアドレスをつかって交信していた。だから @softbank のメールが出ると、「あー、○○さん朝鮮の携帯使ってる〜、早く変えなさいよ〜」と突っ込みが入るが、「いやー、2年契約だから……。あと○カ月したら乗り換えよっかなーって思ってる」などと、お茶を濁して結局、キャリア乗り換えなどしないのである。

つまりネット右翼は、ネット上で強健のごとく「朝鮮」「反日」「侮日CM」とソフトバンクを呪詛して不買運動を展開しておいて、結局のところ面倒くさい契約変更は嫌なのである。わざわざ代理店に赴いて煩雑な乗り換えの手続きをするのが嫌なのである。本当に「ソフトバンク忌避運動」に賛同して、解約金や契約手続きの面倒くささを超越して、「反日だから」という理由でソフトバンクを見限ったのは、ネット右翼の中でもかなり狂信的な人間であり、実際の数はほとんどいないのではないか、と私は見ている。所詮、ネット右翼のかけ声は口だけなのである。

■亡霊のように姿を現すデマと陰謀論

「ソフトバンク忌避運動」は、ネット空間の中で孫正義氏とソフトバンクに対する、消すことのできない不当な妄想による中傷とデマだけを残して現在は沈静化している。しかし先に述べたように、惑星の大気循環のように出ては消え、消えては入るネット右翼の世界の中で、新規参入者はこれらソフトバンクの一連のデマがデマであるという免疫がなく、そのままネット上のキャッシュを信じ続けることになる。

ソフトバンクにまつわる陰謀論やデマや妄想は、検索すれば現在でも大量に、まとめサイトやユーチューブに蓄積されている。ソフトバンクや孫正義氏に関わるニュースが一度盛り上がれば、「白い犬の妄想」もまたぞろ亡霊のように持ち上がってくるかもしれない。そしてとうに決着が付いた妄想を、「ネットDE真実」として初めて知ったと錯覚したネット右翼の新規参入者が、再びソフトバンクに牙をむくとすれば、ソフトバンクの応対係はこのような不当な要求や圧力に恒常的な人員を割かなければならない。

いかにその数が小でも、無碍にするわけにはいかないのが企業側の辛いところだ。ネットの中に傷跡のように残ったソフトバンクへの誹謗中傷は、ネット空間と検索がある限り、永遠と輪廻の輪のように残置し、ソフトバンクへ無駄な労力と出費と、もろもろのコストを割かせる、本来あってはならない宿痾として機能し続けるのである。

事実、昨年の通信障害騒動で、デマや陰謀論は懲りずに再び亡霊のように姿を現した。ためしに、「ソフトバンク、反日、犬」でリアルタイム検索を欠けてみてれば分かる。読めば呆れ返る、くだらない論を平気でぶち、企業の名誉を毀損する。ネトウヨの毛質は呆れるばかりである。

----------

古谷経衡(ふるや・つねひら)
文筆家。1982年生まれ。保守派論客として各紙誌に寄稿する他、テレビ・ラジオなどでもコメンテーターを務める。2012年に竹島上陸。自身初の小説『愛国奴』(駒草出版)が話題。他の著書に『女政治家の通信簿』(小学館)、『日本を蝕む「極論」の正体』(新潮社)、『「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす』(イースト・プレス)他多数。

----------

(文筆家 古谷 経衡 写真=時事通信フォト)