昨年度の大会で、ベストアマチュア賞を獲得した「完熟フレッシュ」。(左から)池田57CRAZY、池田レイラ

写真拡大 (全7枚)

アマチュアでも挑戦権がある、昨年度の漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2017」において、父娘芸人「完熟フレッシュ」が、最上位の成績を残したとして「ベストアマチュア賞」を獲得。父の池田57CRAZYと娘のレイラが、15日の都内で行われた贈呈式に現れ、お祝いの特製ジャケットに袖を通した。

二人の祝福のため、大きな拍手が沸き起こると、父の57CRAZYが思わずバンザイ。その喜び具合を見た娘のレイラが「パパの力で獲ったジャケットじゃないのに、(着せられて)一番喜んでいるのは、パパです」と冷静にツッコミ、ここでも笑いを取った。

▼ 父の57CRAZYが、大きくバンザイ(左から2番目)

現在は、ワタナベエンターテインメントに所属し、プロとして活躍する立場となったが、レイラは改めて「でもやっぱり、嬉しい。一年間、ずっと待っていたから」と素直な感想も残す場面も。

二人は、この日に実施された予選1回戦と無事に突破。父の57CRAZYは「今年の『M-1』は最低でも決勝、最高で優勝です。皆さん、見ておいてください」と目標を宣言。レイラも「めちゃくちゃ練習していますから」と続き、期待をさせていた。

東京会場の他にも、札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄の計8地区で予選会を実施。決勝は2018年12月、ABCテレビ・テレビ朝日系全国ネットにて生放送される。

▼ 大会目標は「最低でも決勝、最高で優勝です」と宣言

(左から)「完熟フレッシュ」の池田57CRAZY、池田レイラ