桐生祥秀が日本学生対校選手権で優勝 日本人初の100m9秒台を記録

ざっくり言うと

  • 9日、日本学生対校選手権の男子100m決勝で桐生祥秀が9秒98で優勝した
  • 従来の記録は伊東浩司氏が1998年に出した10秒00で、日本人初の9秒台
  • 4年生の桐生は、同種目大会3連覇で最後の日本インカレを締めくくった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング