iPhone 6シリーズは落下しやすい! 3万円以上の修理費をださないための落下防止グッズって何?

写真拡大 (全2枚)

次期iPhoneのうわさがチラホラ聞こえてきているが、現行機種のiPhone 6シリーズ(iPhone 6とiPhone 6 Plus)はまだまだ人気だ。

だが、iPhone 6シリーズには、発売当初から大きな画面で快適に使える反面、「大きい」「薄い」「滑りやすい」「重量バランスが悪い」などのデメリットと、落下による破損などの注意が指摘されてきた。

iPhone5シリーズまでより、ホールディングが不安定だと感じたり、形状や表見処理から滑りやすかったりと、ちょっとした不注意で落下の不安がつきまとった。また、落下などで液晶が割れた場合、保証期間内ならiPhone 6では12,800円、iPhone 6 Plusでは14,800円。製品保証外ならiPhone 6では34,800円、iPhone 6 Plusでは38,800円と、決して安くはない修理・交換費用がかかってしまうことも辛いところ。(全て税抜価格/Appleストア正規価格)

夏を迎え、汗などで落下の危険もアップする中、落下や破損のリスク回避の方法を調べてみよう。

●落下防止グッズは、中々の優れモノ
実は、仕事やプライベートなど、利用シーン別に落下防止グッズなるモノがある。
・VIVA! HIRO(ビバ!ヒーロー)
・Bunker Ring 3(バンカーリング 3)
・HandLinker Putto Carabiner(ハンドリンカーブット カラナビ)モバイルネックストラップ
・Fantouch-U(ファンタッチ・ユー)
・Pluggy Lock(プラギーロック)


シーン別にことなる厳選落下防止グッズ

【工夫次第で用途が広がるアイディア好きにおススメ】
●VIVA! HIRO
粘着テープを背面に貼り、指を通して使用するタイプ。
ユニークな人型の部分には、指だけでなく、固定できるモノを通すことで簡易スタンドとしても使える。
瓶などの口部分に固定すれば、簡易三脚としても使え、使い方次第で便利アイテムにもなるユニークな商品だ。

【見た目のおしゃれを重要視する派におススメ】
●Bunker Ring 3
粘着剤の水洗いができる背面に貼り、指を通して使用するリングタイプ。
リング部分が360度回転し、好きな角度で固定して使える。さらにリング部分を使い、スタンド使うことができる。
重量4kgまでのタブレットにも使用できる。

【使用するときの楽しさ、カラバリを楽しみたい派におススメ】
●Fantouch-U
背面に貼り付ける指通しタイプ。
背面に貼った状態は平面だが、使用するときに指でパチッと押して立体にするユニークな形状。
指を通して、スタンドとして使えるカラーバリエーションの豊富さが魅力な商品だ。

【ネックストラップ派におススメ】
●HandLinker Putto Carabiner(ハンドリンカーブット カラナビ)モバイルネックストラップ
3WAYでの使い方ができる万能グッズ。
ネックストラップとして、指をひっかけて、ハンドストラップとして使い別けながらも落下防止になる。
ワンタッチで取り外しができ、外したあともカラナビリングに指を引っかけたり、かばんに引っかけたり、吊せるアイディア商品だ。

【スマートに使いたい派におススメ】
●Pluggy Lock
斬新な発想でありながら、イヤホンジャックに挿し込んで使用するタイプのグッズ。
イヤホンジャックに挿し、クルクル回し込むことで、3kgまでの重さに耐えることができる。
ストラップホールのないiPhoneだが、瞬時にストラップやネックストラップなどを使うことができる。
使わないときはキーホルダーなどにつけておける、ありそうでなかった発明アイテム。

落下して液晶が割れないために、ビクビクしながら使うより、“落下防止グッズ”を使うことで安心感が増すのではないだろうか。
ひと目で落下防止グッズとわかるモノ、パット見ただけではわからないモノ、オシャレなグッズまである。

さまざまなパターンのグッズが発売され続けている背景には、以前と比べて“落下防止”に対する意識が高まり、必要とする人も多くなっているからこそだと筆者は思うのだ。
布施 繁樹