発達障害の子どもを問題児扱いして現れた「二次障害」の暗い影幻冬舎ゴールドオンライン

発達障害の子どもを問題児扱い 現れた「二次障害」の暗い影

ざっくり言うと

  • 発達障害の子どもたちはその特性から「問題児」として扱われやすいという
  • そうした周囲の対応により発達障害の子たちに「二次障害」が生じることも
  • 二次障害の例としては不眠やパニック、集団への不適応などがあるとのこと

ランキング

x