【笹田幸嗣通信員が見たイチロー氏本気の準備】試合後に現役引退を表明した3月21日のアスレチックス戦(東京ドーム)以来、255日ぶりの実戦。46歳の笑顔は少年のようだった。「もう一度、純粋に野球を楽しみたい」と、気の置けない仲間と原点に立ち返ることを許されたレジェンドは「草野球と言えどできることはある」と常に言い続けてきた。球界では今、球数制限が議論の的だ。インストラクターとしてマリナーズを支えながら「