“若い頃の苦労は買ってでもせよ”と言いますが、果たして本当にそうでしょうか。「苦労にも二種類あって、意味のある苦労と、無意味な苦労があると思います。私の場合は後者。『私はこんなに頑張っている!』と思いたいがために、無意味な苦労ばかりしていました」そう話すのは、竹内紗也子さん(仮名・31歳・事務職・独身)。今から8年前、大学を卒業した紗也子さんは、就職せずに学生時代の仲間と劇団を結成。同時に、フリー