Bリーグなら普通に決まるシュートが、なぜか入らないーー。バスケットボール日本代表が13年ぶりに経験したワールドカップ(W杯)はそんな舞台だった。フリオ・ラマスヘッドコーチが率いるチームはトルコ、チェコ、アメリカ、ニュージーランド、モンテネグロと対戦して0勝5敗。得失点差などの比較で32カ国中31位という厳しい結果に終わった。選手が口々に語っていたのがフィジカルの差、そしてディフェンスの「圧」だ。今回の