マイクロソフトが2018年に発売した「Surface Go」は、同社初のWindowsを採用したポータブルなタブレットだった。しかし、結果として小さなデヴァイスでWindowsを使うことの限界を示すことになった。大きな期待とは裏腹にバッテリーのもちはいまひとつで、動作速度は遅く、ユーザーはソフトウェアのトラブルを解決する方法を