死亡までの3カ月間は休日なし 死亡した26歳専攻医に労災認定

ざっくり言うと

  • 2022年、神戸市の医療センターで勤務していた26歳の男性専攻医が自殺した
  • 労働基準監督署は、長時間労働で精神障害を発症したのが原因として労災認定
  • 男性は医師になって3年目で、亡くなるまで約3カ月間は休日がなかったそう
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。