(C)創通・サンライズ

写真拡大

バンダイビジュアルは、大ヒットテレビアニメ「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター Blu-ray BOX」第1巻を、2012年3月23日に発売した。価格は、初回限定版が2万1000円、通常版が1万8900円。

多岐にわたるリマスター作業を実施

2002年10月から1年にわたってテレビ放送された「機動戦士ガンダムSEED」は、「ガンダム」シリーズ第9作目にあたり、多彩なデザインのガンダム同士が繰り広げるメカアクション、魅力的なキャラクター、実力派揃いの人気声優陣などが評判となって、従来のファン層である20代から30代の男性に加えて、小学生を中心とした低年齢層や女性層といった多くの新しいファン層を獲得した人気作だ。

テレビ放送開始から10周年となる2012年、今回の「機動戦士ガンダムSEED」HD化にあたって、16:9&HD画質での再撮影・再編集、既存カットの新規作画、再ダビングなど、多岐にわたるリマスター作業を実施したほか、全50話を全48話に再構成し、各巻12話ずつ収録した全4巻構成で順次発売していく。

Blu-ray BOX第1巻の初回限定版では、新規収録のキャスト・スタッフによるオーティオコメンタリーや、アニメ本編に登場した楽曲と本編映像で構成されたミュージッククリップなどが楽しめるだけでなく、52ページの特製ブックレットが付属している。

ジャケットは、平井久司(キャラクターVer.)と重田智(メカVer.)の新規描き下ろしイラスト2点を使用した特殊仕様だ。

第2巻は2012年6月に、第3巻は同年9月、第4巻は同年12月に発売される予定。