ゴールを決めたFC東京FW紺野和也【写真:Getty Images】

写真拡大

J1第19節の福岡戦、FC東京の24歳MF紺野和也が決めたスーパーゴールに注目

 FC東京は7月2日のJ1リーグ第19節でアビスパ福岡と対戦。

 1万4613人が味の素スタジアムに集まったなか、FC東京の24歳レフティーMF紺野和也が叩き込んだ衝撃弾に「なんだこのゴール」「今シーズンベストゴールだろ」と注目が集まっている。

 試合は前半16分、福岡FWルキアンに先制ゴールを奪われたなか、後半4分にFWレアンドロのゴールでFC東京が追い付き、試合を振り出しに戻す。そんななか、後半18分にスーパーゴールが生まれた。

 FC東京が左コーナーキックを獲得。レアンドロのクロスは相手にヘディングでクリアされるも、ペナルティーエリア右でこぼれ球に反応したのが紺野だった。思い切り良く左足ダイレクトでシュートを放つと、アウト回転のかかったボールはGKから逃げるような絶妙な軌道を描いてゴール左上に突き刺さった。

 スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターでは「アウトにかけたスーパーショット #紺野和也 の狙いすましたシュートで一気に逆転」とゴールシーンを紹介。試合はその後に追い付かれて2-2ドローに終わったものの、ファンは「なんだこのゴール」「今シーズンベストゴールだろ」「凄い悪魔の左足をまた見つけた」と絶賛した。

 また2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)で大会最優秀ゴールに選ばれたフランス代表DFベンジャマン・パヴァールの一撃を引き合いに、「ロシアW杯のパヴァールみたい」と美しい弾道を重ね合わせる声も上がっている。(FOOTBALL ZONE編集部)