山本が勤務していた中学校

写真拡大

〈陰部に電動マッサージ器を挿入するなどの暴行を加え、その反抗を抑圧して同人と口腔性交し〉――3月15日の判決公判で読み上げられたのは、吐き気を催すような犯行態様だった。

 ***

 およそ教職者とは思えない、獣のごとき犯行に及んだのは、静岡県沼津市にある市立中学で教頭を務めていた山本英仁(53)である。

 昨年9月、あらかじめレンタカーに偽造のナンバープレートを取り付け、当時12歳だった中学生の少女を自宅付近で待ち伏せした山本。少女が帰ってくると、「荷物を運ぶのを手伝ってほしい」と嘘を言って車に誘った。そして、隙を見て彼女の手足をロープで縛り、口に粘着テープを貼った山本は、自分が管理する山小屋に彼女を監禁。服を脱がせると、〈陰部を直接指で弄ぶなどの暴行を加え、(中略)強制的に口腔性交し〉(判決文より)、その様子を携帯電話で撮影した。

山本が勤務していた中学校

 警察がこの事件の証拠品を調べる中で浮上したのがもう一件の犯行である。こちらの被害者は当時13歳だった少女。2017年8月、「母親の承諾は取ってある」と嘘を言って自分の車に乗せ、車内にて冒頭で触れたようなおぞましい犯行に及んだ。さらにその様子を携帯電話で撮影し、事件のことを話したら「動画をばらまく」と脅したのだ。

 山本と彼女は、過去に児童相談所勤務時の担当者として接点があった。また、山小屋に監禁された少女とは、勤務していた中学校の教員として面識があった。そのため、おそらく全く警戒心を抱かずに山本の誘いに応じたであろう彼女たちは、その獣のような本性を目の当たりにした時、どれほどショックを受けただろうか。「動画をばらまく」と脅されていた少女は「死んで償ってほしい」と公判で意見陳述したが、下された判決は懲役12年だった。

妻は学校の「マドンナ」

 山本が勤務していた中学校に娘を通わせているという保護者の一人が語る。

「同じ年頃の娘をもつ身としては本当に驚いています。逆に娘の方は冷めたもんで、“ふーん、やばー”とか言っておしまい。そういう変なことをする先生って、雰囲気が独特で分かるものですが、山本先生はそういう感じは全くしなくて、むしろしっかりした先生だなと思っていたので意外です」

「裏の顔」をうまく隠して生活していたようで、20年以上前に山本の生徒だったという男性も、

「野球部の顧問で、科目は美術。熱血教師って感じでしたね。“好きに絵を描いていいぞ”といった、型にはまらない授業をするので生徒に人気がありました」

 と、こう振り返る。

「山本先生の奥さんは同じ中学の保健体育の先生で、優しくて美人だったから、マドンナじゃないけど、男子生徒の中には憧れていたヤツもいたくらい。当時は山本先生も20代後半くらいで、色黒でスポーティーな感じだった。女子生徒からも人気があったから、今回の事件は本当に信じられません」

 山本の自宅近所の住人によると、

「山本さんの家は元々教育者一家。奥さんだけではなく、もう亡くなっているおじいちゃん(山本の父)も教師で、校長先生までやった。この地区でも区長を任されて信頼されていました。おばあちゃん(山本の母)も昔、小学生向けの学習塾をやっていました。山本さん夫妻には子どもが3人いて、上から女、男、男。長女は大学生で、一番下はまだ中学生くらいかな」

 自分の子どもと同年代の少女を、歪んだ性欲のはけ口にしていたわけである。

「週刊新潮」2021年4月1日号 掲載