新型コロナウイルスの影響で進む企業のリモートワーク。特にパソコン業務においては、自宅にWi-Fiは欠かせないものになっている。

【映像】「採算上継続が不可能」「想定を遥に上回るテラを超えるお客様も…」グッド・ラック社の切実すぎるコメント(1分10秒ごろ〜)

 そんな中「月額3480円でネット使い放題」だったグッド・ラック社の「どんなときもWiFi」が24日、無制限プランの提供終了を突然発表。Twitterでは「無制限プラン提供終了」がトレンド入りするなど、話題を集めている。

 無制限プランの提供終了を聞いたネット民からは「へ? 何が起きたの」「どんなときもじゃなかった」と驚きの声が殺到。その他「申込みしようと思ってたら、サービス提供終了のお知らせ」「これは企業としてどうなの?」「自分はこれ使ってるのよね テレワークするには必要なの」と戸惑いの声も寄せられている。

 無制限プラン終了にあたり、MVNO事業者のグッド・ラック社は「関係各社との協議の結果、事業の採算上継続が不可能であるとの申告があり、弊社としても出来る限りの対応を検討いたしましたが、お客様に対して誠実な対応をおこなう為に、無制限プランの提供を終了せざるを得ないとの結論に至りました」とコメント。「2020年10月31日(土)をもって無制限プランの提供終了とさせていただきます」としている。

 また、利用者に向けて「現時点で弊社としてお客様にできる最大限の対応としまして代替プランへの移行をお願い申し上げます」とした上で、「なお、代替プランでご納得いただけない場合は、契約解除料は無償にて承ります」とアナウンスした。代替プランは「ルーター2台セット」で「同程度の金額」になるという。
 
 さらに、グッド・ラック社は「現時点でキャリアからの特例的な契約がない限り、本当の意味での誰に対してもデータ容量無制限での利用は不可能」と、無制限データ通信における見解を発表。サービスを提供する中で「想定を遥に上回るテラを超えるお客様もおり、結果上位5%のお客様で総容量の20%を占める状態となり、事業の採算上サービスの継続が困難」と経緯を報告している。

 NTTドコモなどの携帯電話会社から通信回線を借り、通信サービス料金を安く提供するMVNO事業。ニュース番組「ABEMAヒルズ」コメンテーターで、東京工業大学 准教授の西田亮介氏は「オンラインにおけるビデオ通信の高まりが予測しきれなかった。新型コロナウイルス感染拡大の制約で、Zoomやオンライン会議が増えてきて、ビジネスモデルがしんどくなってきたのではないか」と推測する。通信料の劇的な増加を受けて「月額3480円で採算を取ることが難しいという結果に至ったのだろう」と解説した。
(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)