大敗を喫してうなだれる選手たち【写真:高橋学】

写真拡大

日本はベネズエラに1-4の惨敗 前半だけで大量4失点

 日本代表は19日、国際親善試合でベネズエラ代表と対戦し、前半だけで大量4失点を許す展開で1-4と敗戦を喫した。

 韓国メディアは日本の惨敗に対し、「大阪惨事」「沈没した日本」と取り上げている。

 14日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦(2-0)から先発8人を入れ替えた日本だったが、前半に悲惨なシナリオが待ち受けていた。開始8分に左サイドから突破を許してクロスを放り込まれると、相手のエースFWサロモン・ロンドンに頭で叩き込まれて先制点を与えてしまう。

 さらに前半30分、33分にも華麗なパスワークからロンドンにネットを揺らされ、前半だけでハットトリックを許したうえ、同38分にMFジェフェルソン・ソテルドに追加点を奪われ、大量4失点でハーフタイムを迎えることになった。

 後半25分に途中出場のMF山口蛍が一矢報いるゴールを決めるも、試合は1-4で終了。ホームでの惨敗を受け、韓国メディアも反応。韓国メディア「sportal korea」は「大阪惨事」と表現し、「攻守両面で無気力な姿を露呈し、国民を失望させた」と指摘している。

 また、韓国メディア「Inter Football」は「沈没した日本、ベネズエラに1-4の衝撃敗戦」と見出しを打って報じ、「日本の上昇はへし折られた」と日本の連勝が「5」で止めたれたことも説明している。日本がホームで喫した惨敗には隣国も驚きを隠し切れない様子だった。(Football ZONE web編集部)