FTISLANDの元メンバーには懲役5年…K-POP歌手らに容疑浮上した“集団強姦事件”、ついに決着か

写真拡大

集団強姦の容疑を受けている歌手チョン・ジュニョンと元FTIslandのチェ・ジョンフンに、それぞれ懲役7年と5年が求刑された。

【関連】“集団強姦疑惑”のK-POP歌手ら、「容疑を全面否定」の根拠は?

11月13日午後2時10分、ソウル中央地方裁判所掲示合意29部(カン・ソンス部長判事)の審理では、“性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反”などの疑いで起訴されたチョン・ジュニョン、チェ・ジョンフンらに対する公判期日が行われた。

2人と共に起訴されたクラブ・バーニングサンのMDキム氏と、サラリーマンのクォン氏には懲役10年、芸能プロダクションの元社員ホ氏に関しては懲役5年が求刑された。

また、検察は彼らに対して性暴力治療プログラムの履修と身の上情報の告知、児童青少年関連機関や障害福祉施設に対する10年間の再就職制限の言い渡しを要請した。検察側は、「チョン氏らの罪状や、被害者と合意に至らなかった券を考慮して求刑した」と説明している。

チョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンらが参加したカカオトークのグループトークメンバーとされた5人には、去る2016年1月に江原道洪川(ホンチョン)、同年3月に大邱(テグ)で女性たちに集団性的暴行を加えた容疑が浮上している。