日本代表DF長友佑都【写真:Yukihito Taguchi】

写真拡大 (全2枚)

2ゴールに物足りなさを訴えた長友だが… 「初戦で危なげなく勝ったのは評価できる」

 森保一監督率いる日本代表は、10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選初戦でミャンマーと対戦し、敵地で2-0と勝利した。

 先発メンバーのなかで最年長32歳のDF長友佑都(ガラタサライ)は「連動ができている」と、ミャンマー戦に出場した4選手の「良い関係性」を絶賛している。

 日本代表は7大会連続のW杯出場に向けて好スタートを切った。会場のトゥウンナ・スタジアムは大雨に見舞われたが、序盤から日本がゲームを支配。前半16分、MF堂安律(PSV)とFW大迫勇也(ブレーメン)の好守備から、最後はMF中島翔哉(ポルト)が強烈なミドルシュートを叩き込んで日本が先制した。さらに同26分、堂安のクロスからMF南野拓実(ザルツブルク)が頭で押し込んだ。

 その後はチャンスを創出しながらもゴールが奪えず、最終局面での課題を露呈。長友も2ゴールに物足りなさを訴えた反面、悪天候のなかで危なげない試合運びを見せたチームを称えている。

「ボールを蹴る時もなかなか難しい状況で、簡単ではなかった。そういうのも含め、初戦でゼロに押さえて危なげなく勝ったのは評価できる」

 また、この日は両サイドから何度も崩しており、長友は確かな手応えを得ているようだ。サイドハーフとサイドバックのコンビネーションが何度も見られ、長友も「今それができてますよね」と語り、自身を含めた4選手の関係性に触れた。

練度が高まる両サイドの崩し 「僕と翔哉、律と(酒井)宏樹の関係が良い」

「僕と翔哉、律と(酒井)宏樹の関係が良い。相手が警戒して、サイドハーフが僕らサイドバックにマンマークでずっと付いてきていた。それでも剥がせるのは連動ができているから。良い関係性が作れている」

 5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)でも、前兆はすでにあった。1-0と日本リードで迎えた前半30分、相手エリア手前で中島がボールを持つと、右サイドハーフの堂安がゴールに向かう動きを見せ、右サイドの空いたスペースを酒井が活用。そこにパスが通ると、酒井がダイレクトで中央に折り返し、最後は南野がゴールを奪った。流れるような崩しは、堂安と酒井の関係性から生まれている。

「もちろんW杯で勝つことを目指しているので課題はあるけど……」と口にした長友だが、両サイドの崩しは着実に練度が高まっているようだ。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)