滝川クリステルと小泉進次郎

写真拡大

 国盗りにあたって、小泉進次郎に唯一足りなかったもの。それが「完璧な結婚」だったのだろう。精悍なルックスに、歯切れのいい言葉選び。元総理の小泉純一郎を父に持ち、青年局長や農林部会長を務めた自民党のホープ。カネやオンナがらみのスキャンダルもなし。あとは「完璧な結婚」さえすれば盤石、という段階まで来ている自覚があったのではないか。

 だからこそ滝川クリステルと結婚と聞いた時、「進次郎、本気で国盗りに来たな」と思わずつぶやいてしまった。選挙特番などで「総理を目指すつもりは?」などと問われても、のらりくらりとかわし、如才なさを発揮していた進次郎。遊説先では「いつ結婚するんだ」「早く結婚しろ」と言われ続け、子育て政策を語るにしても、独身では説得力がないと自虐していたほどだ。

滝川クリステルと小泉進次郎

 そこへ来てこの伴侶選びである。そこいらの女子アナや港区女子とはワケが違う。というか、そこいらの女子アナや港区女子と結婚しては、国盗りの野望は絶たれたはずである。なぜなら彼を支持する有権者たちから「結局はチャラチャラしてる男」と、そっぽを向かれるリスクがあるからだ。

 その点、クリステルは文句のつけようがない。キャスターとして社会経験をきちんと積み、美貌も知名度も抜群だ。トリリンガルかつ愛犬家で、慈善活動にも積極的である。過去噂された交際相手はみな爽やか、最も結婚に近いとされていた相手はやはり良家の有名人の2世。元カレの経歴さえも完璧なのである。異例の首相官邸からの結婚報告中継も、この女性なら文句あるまい、という世論を味方につけた政界への宣戦布告に見えた。

 そしてすでに妊娠し、安定期に入っているという。中には、いい年の大人ができちゃった婚なんて、という声もあると聞く。しかしこれも進次郎の計算のうちではないだろうか。

 少子高齢化に悩める日本において、「産み育てやすい社会政策」は世論を動かしやすく、反対されにくいテーマである。そしてこれだけSNSが力を持つ時代、子育て世代が最も反応し拡散しやすいトピックの舵を、誰が握るかは票数に大きく影響する。

 ゆえに今回のできちゃった婚は、進次郎の「国盗りカード」のひとつだったとも言えるのではないか。「子育てに通じている、当事者世代の政治家」というカードを握れば、男性的でハツラツとした見た目に加えて、さらなるイメージアップになる。そう踏んだのではとさえ思えるのだ。

小泉進次郎の「右斜め上」の先にある野心

 自民党に籍をおきながらも、国民から不満の出そうな政策や体制には批判的なスタンスを崩さなかった進次郎。その気骨ある様子を称えるファンは女性を中心に多いとされる。けれども、そうした反応も見越したパフォーマンス感が見え隠れするように思うのは私だけだろうか。父・純一郎は天性の(あるいはその祖父である小泉又次郎ゆずりの)野性味があり、そのわんぱく少年のような風情が熱狂的な支持の土台だった。一方、進次郎の挙動はある種の計算がうかがえる。かつて純一郎が息子たちに対し、「進次郎は勉強しすぎるからダメだ。長男の孝太郎の方がわかっている。勉強をしないから」と語ったという記事を読んだ。自分の見られ方を研究しつくしている進次郎らしいエピソードだと思う。

 妻のクリステルは「左斜め45度」のアングルが代名詞だった。一方、進次郎のオフィシャルサイトの「メッセージ」にあるのは「右斜め45度」を強く見据える顔である。心理学的には、右斜め上は未来やヴィジョンを語る顔だという。総理に王手、そんな一言が思い浮かぶ。とはいえ、そこに行き着くまでの計算は相当に心身を消耗させるのだろう。今回の結婚に際しては、計算をしなくてもいい「鎧を脱げる」相手がクリステルだった、という発言もあった。

 さてそのクリステル、笑ったのは共演していた宮根誠司や安藤優子には報告がなかったということ。あとアンミカも週3で会っていたのに妊娠を知らなかったという。この面々、色々しゃべりたがりだし、そりゃ言いたくないよな。そういう意味ではクリステルも、柔和な鎧をかぶった情報戦が上手なのかもしれない。戦上手な夫婦が総理夫妻へと、運命の女神がクリステルばりに進次郎に微笑む日は来るのだろうか。

(冨士海ネコ)

2019年8月14日 掲載