警察も出動、“騒音トラブル”の井上を直撃

写真拡大

 いくら七夕の夜とはいえ、耐え難い“騒音”だったようだ──。7月7日の深夜1時過ぎ、閑静なはずの東京の高級住宅街に、男女の騒がしい声が響き渡っていた。やがて数人の警察官が駆けつけ、彼らの姿を見た周辺住民は安堵の表情を浮かべたという。

【別写真】両手を大きく広げるリアクションをしながら騒動を釈明するノンスタ井上

「あの部屋は、窓を開けっ放しで大騒ぎしていることがあるんです。それも決まって深夜0時を回ってから。七夕の夜もダンスミュージックを流しながら複数の男女が大騒ぎしていて、うるさくてとてもじゃないけど眠れない。耐えかねた近所の住民が警察に通報し、注意してもらったようです」(近隣住民)

 この部屋の住人は、“闇営業”騒動で揺れる吉本興業所属のNON STYLE井上裕介(39才)だった。

 井上といえば、2016年12月にタクシーへの“当て逃げ”で約3か月半にわたる謹慎生活を送った過去がある。復帰の際に開いた“号泣謝罪会見”には賛否の声が上がった。

 7月7日には単独ライブツアーの告知で、闇営業騒動について報道陣に問われた井上は、

「宮迫さん、亮さんが矢面に立つ勇気が必要だと思います。記者会見をするのがいちばんなのかな」

 と自身の“経験”をふまえつつアドバイスしたが、冒頭の警察官出動騒ぎを起こしたのはまさにその日の深夜のことだった。近隣住民が通報するのは、よっぽどのこと。何をそんなに騒いでいたのか。

 本人を直撃した。

──7日は自宅でずいぶん大騒ぎしていたそうですね。
「え? 7月7日? あぁ、あの夜は後輩とご飯食べてました」

──警察官が来たとか。
「…はいはい。普通にカードゲームとかして、騒ぎすぎちゃいました」

──女性もいたそうですが、合コンですか?
「いやいや、合コンとかじゃないですよ。詳しく言いますと、ふるさと納税で和牛がたくさん届いたので、自宅で焼肉をしようと。焼肉するなら、人数が多い方がいいじゃないですか? だから後輩も呼んで、女友達も呼んで。焼肉したら煙が出るから、窓を開けて、そのまま騒いでしまって。警察のかたが来られて“ご近所迷惑になってます”と言われたので、スミマセンと、すぐにお開きにしました」

 女性セブンが近隣住民に取材したところ、これまでも警察に注意されたことがあったという。

──今回が初めてではないと聞きましたが?
「…以前も、はい。前の時も窓を開けた状態で騒いでしまって。今後は、窓を開けてはしゃがないようにします」

 とポジティブ笑顔を見せたが、今後は気を引き締めて、窓も閉めてほしいところだ。

※女性セブン2019年8月1日号