大坂なおみ(右)にアドバイスを送ったロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

37歳のレジェンドが擁護「毎週いいプレーをすることなどできない」

 女子テニスの世界ランク1位・大坂なおみ(日清食品)はネイチャー・バレークラシックで2回戦敗退。1月の全豪オープンで優勝し、世界ランク1位となって以降、苦戦が続いているが、男子のレジェンド、ロジャー・フェデラー(スイス)が「毎週いいプレーをすることなどできない」と擁護している。英紙「エクスプレス」が報じている。

「ロジャー・フェデラー、バーミンガムで敗退したナオミ・オオサカに激励メッセージを送る」と見出しを打って特集。「ロジャー・フェデラーがネイチャーバレー・クラシックで不覚を取った世界ランクNo.1のナオミ・オオサカの不振脱出を後押しした」とし、フェデラーの大坂に対する発言を紹介している。

 大坂はウィンブルドン前哨戦でユリア・プチンツェワ(カザフスタン)にストレート負け。試合後の会見を拒否したことも話題となった。記事によると、ハレ・オープンで準決勝進出を決めたフェデラーは、大坂と同じ年齢だった頃のプレッシャーとの向き合い方について問われ、アドバイスを送ったという。

「毎週いいプレーをすることなどできない。毎週のように勝てる選手などいない」と語ったフェデラーは「彼女はグランドスラム2連勝というスタートを切っている。それを果たしたのだから、もう一度勝てることも分かっているだろう」と擁護。「それは僕も同じだった。ウィンブルドンで優勝したものの、その直後はとにかく勝てなかった」と自らの体験を重ねた。

フェデラーの敗戦の割り切り方「敗北を受け流し、愚かな疑問にくよくよしないこと」

 敗戦の割り切り方の持論も展開。「敗北を受け流し、(記者の)愚かな質問にくよくよしないこと。それ以外に何ができる? 練習に戻って自分の試合ができるようにするんだ。失うものは何もないのだから」と語り、「今は自分を倒す選手が出ることに誰もが驚くが、自分自身は何も変わっていないし、グランドスラム優勝、世界No.1という成し遂げたことは変わらない」と説いたという。

「大きな変化だろうが、自分自身は変わらないこと、そして毎日ベストを尽くしていることに気づくだろう」と語ったフェデラーは「負けた理由を説明することはない。時には敗れることだってあるのだから」とも話したという。

 メンタル面の課題が指摘されている大坂。ウィンブルドンを21歳で制し、4大大会初優勝を飾って以来、37歳の現在に至るまで、幾多の経験を積み重ねてきたレジェンドの言葉は、21歳の世界女王にとって意味を持つ金言となることだろう。(THE ANSWER編集部)