2018年度のSNSの自殺相談件が2万件超に 8割が若者、女性が9割

ざっくり言うと

  • 厚生労働省は自殺対策として、SNSの相談事業を実施している
  • 15日、2018年度の相談件数が延べ2万2725件に上ったことが分かった
  • 年齢別では未成年と20代で8割を超えており、性別では女性が9割を占めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング